TOP > トイレの修理サービス > トイレお役立ちコラム > トイレの水漏れ修理の費用相場はどれくらい?
トイレの水漏れ修理の費用相場はどれくらい? :イメージ

トイレの水漏れ修理の費用相場はどれくらい?

更新日:2023/12/01
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
トイレの水漏れは、起こりうるトラブルの中でも特に緊急を要する問題の一つです。放置しておくと水道料金の無駄遣いにつながるだけでなく、床や壁への損傷、さらにはカビやダニによるシックハウス症候群のような健康上のリスクをもたらすこともあります。

水漏れを発見した際には迅速な対応が求められるのですが、一体どのように対処すればよいのでしょうか?そして、修理にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?この記事では、トイレの水漏れに関する基本的な知識から、修理の費用相場、自分でできる応急処置や修理方法、そして修理業者の選び方まで、幅広く解説していきます。
目次 [非表示]

トイレの水漏れ修理の費用相場

トイレの水漏れや詰まりは、水まわりで起こりうるトラブルの中でも特に緊急性が高いものです。たしかに突然のトラブルに見舞われた際、多くの家庭では「修理にどれくらいの費用がかかるのか?」という疑問が生じます。

修理業者を選ぶ際には、不当な請求を避け適正なサービスを受けるためにも、事前に費用の相場を知っておくとよいでしょう。

一般的な修理費用の相場

トイレの水漏れや詰まりの修理費用は、一般的には5,000円〜20,000円の範囲で行われることが多くあります。基本的な修理であれば、5,000円から始まることが多く、ロータンク内の部品交換が不要であれば、10,000円を超えることは少ないでしょう。

箇所別の修理費用

トイレの修理費用は修理する箇所によって大きく異なります。たとえば、ロータンクのボールタップや排水弁の交換は、5万円以上の費用がかかることもあります。また、高圧洗浄が必要な大きな詰まりの場合、修理費用は4万〜6万円以上が相場となるでしょう。

便器やロータンクの交換になると、施工費だけで18,000円以上が一般的で、本体価格を含めると5万円以上の出費になることもあります。温水洗浄便座の脱着工事は、施工費8,000円程度が相場ですが、部品代を含めるとさらに費用が上乗せされるため、依頼する際は注意が必要です。

また、フラッシュバルブの修理や交換は、一般的には8,000円前後が基本ですが、構造が複雑で修理難易度も高いため、業者によっては部品代や作業費込みで高額な設定になっているかもしれません。

修理費用に影響するもの

トイレの修理費用に影響を与える要素には、故障の程度、交換する部品の種類や価格、作業に必要な時間、そして業者の技術料が含まれます。特にタンクレストイレの場合、電子基板の故障や水圧の問題など、特殊なトラブルが発生することがあり、これらは修理費用を大幅に増加させる可能性があるため金額には注意が必要です。

さらに、トイレのフルリフォームを行う場合、壁紙の交換を含めた総額で20万〜30万円以上かかることもあります。しかし、トイレの状態や選択する材料、デザインによっても大きく変わるため、詳細な見積もりを取ることが重要です。

箇所別水漏れに気づいたときの応急処置方法

家庭で発生する水漏れは、発生箇所によって応急処置の方法が異なります。水漏れを見つけたとき、迅速な対応は二次的な被害を防ぐためにも非常に重要です。

ここでは、トイレの便器、タンク、排水管からの水漏れそれぞれに対する応急処置方法を詳しく解説します。これらの対処法を知っておくことで、専門家が到着するまでの間、状況を悪化させずに済むでしょう。

便器からの水漏れ

便器からの水漏れは、床に水が溜まるなどして最も発見しやすい水漏れのひとつです。このような場合、まずは水の元栓を閉めて水の流れを止めましょう。元栓は通常、便器の近くにある小さな蛇口を指します。

次に、水漏れの原因となっている部分の特定です。便器の底にあるワックスシールが劣化している場合や、便器と排水管の接続部分が緩んでいないかチェックしましょう。応急処置としては、タオルや布を使って水を吸い取り、さらなる漏水を防ぐことが可能です。

その後、調理用ラップや防水テープを使用して一時的に漏れを防げますが、これはあくまで一時的な対策であり、早急に専門家による修理を依頼しましょう。

タンクからの水漏れ

トイレのタンクからの水漏れは、タンク内の部品の故障や経年劣化が原因で起こります。水漏れに気づいた場合は、まずタンクの蓋を開けて内部を確認し、水の流れを止めるためにフロートバルブを持ち上げてください。

その状態で水の止水栓を閉めれば、水の流れは止まります。タンク内部の水が止まったら、タンクと便器をつなぐボルトやゴムパッキンが緩んでいないか、損傷していないかを確認し、必要であれば手で締め直すか、防水テープで応急処置をしましょう。

しかし、これらの処置は一時的なものであり、部品の交換や修理が必要になるケースが多いため、水道業者に相談するとよいでしょう。

排水管からの水漏れ

排水管からの水漏れは、家庭内の水トラブルの中でも特に厄介な部類に入ります。排水管の水漏れは、管の接続部分が緩んでいる、あるいは管自体に亀裂や穴が開いていることが原因で起こることがほとんどです。

このような水漏れは、建物の基礎や壁に損傷を与える可能性があるため、発見次第迅速に対処する必要があります。水漏れに気づいたら、まずは家全体の元栓を閉めて水の供給を停止するようにしましょう。修理中の水の流出を防ぎ、さらなる被害を防げます。

次に、漏れている排水管の部分を確認し、可能であれば漏れの原因を特定します。漏れている部分が確認できれば、漏れている周囲を清潔な布で拭き取り、水分をしっかりと除去するようにしてください。

応急処置としては、市販されているパイプ修理テープや防水テープを使用して、漏れている部分をしっかりと巻きつけます。漏れを一時的に封じるための措置であり、水圧による漏れを最小限に抑えることが可能です。

漏れの原因が排水管の破損である場合は、その部分を切り取り、新しい排水管に交換する必要があります。また、接続部分が緩んでいる場合は、接続部分を再度締め直すか、必要に応じて新しいシーリング材を使用して密閉しなければなりません。

自分では解決できない…そんな時は
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

水漏れの箇所別修理方法

水漏れは家庭内で発生するトラブルの中でも特に一般的で、放置すると建物に深刻なダメージを与えるかもしれません。

トイレの水漏れは主に便器、タンク、排水管のいずれかから発生することが多く、それぞれの箇所で修理方法が異なります。ここでは、これらの箇所からの水漏れに対する適切な修理方法を詳しく解説します。

便器からの水漏れの修理方法

便器からの水漏れは、便器と床の接続部分のシール不良や、便器自体のひび割れなどが原因で起こります。修理を始める前に、水の元栓を閉めて水の供給を停止し、作業エリアを清潔にしておくことが重要です。

便器の水漏れを修理するには、便器を固定しているボルトを緩め、便器をゆっくりと持ち上げて古いワックスリングを取り除くことから始めましょう。その後、新しいワックスリングを設置し、便器を元の位置に戻してボルトで固定します。

この際、ボルトは均等に締めることが重要で、過度に締めると便器が割れる原因になるため締め具合に注意が必要です。最後に、シリコンシーラントを使用して便器の周囲を密封し、水が漏れ出ないようにしましょう。DIYで行うことも可能ですが、重量物を扱うため、安全策として2人以上での作業が推奨されます。

タンクからの水漏れの修理方法

トイレのタンクからの水漏れは、フロートバルブの不具合や、タンクと便器をつなぐ接続部分のゴムパッキンの劣化によって発生する場合があります。タンクからの水漏れを修理するには、まずタンク内の水を抜き、フロートバルブやフラッシュバルブの状態を確認した後に、必要に応じて新しい部品に交換しましょう。

タンクの底にあるフラッシュバルブのゴムパッキンが原因で水漏れが発生している場合は、パッキンを新しいものに交換することで修理できます。タンクと便器の接続部分からの水漏れの場合は、タンクを便器から取り外し、ゴムパッキンやボルトを新しいものに交換してください。

タンクを再び取り付ける際には、ボルトを均等に締め、過度に締め付けないようにご注意ください。これらの作業は比較的簡単に行えますが、部品の選定や取り付けに自信がない場合は、専門の修理業者への依頼をおすすめします。

排水管からの水漏れの修理方法

排水管からの水漏れは、亀裂や接続部分の不具合によって発生します。このような水漏れを修理するには、まず水漏れの箇所を特定し、排水管を清潔にして乾燥させなければなりません。亀裂が小さい場合は、エポキシ樹脂やパイプ修理テープを使用しての修理が可能です。

大きく損傷している場合は、損傷部分を取り除き、新しい排水管を取り付ける必要があります。パイプカッターと接着剤で対処できますが、作業は専門的な技術を要するため、経験がない場合はプロの業者に依頼することがおすすめです。

また、排水管の接続部分からの水漏れの場合は、接続部分のクランプを締め直すか、新しいシール材を使用して修理しなければなりません。排水管の修理は、正確な作業が求められるため、修理に自信がない場合は、専門の専門業者への依頼が最善です。

トイレの水漏れ修理を安く済ませるコツ

トイレの水漏れは、放置するとさらに大きな損害を引き起こす可能性があるため、早急に対処する必要があります。しかし、修理費用が高額になることも少なくありません。ここでは、トイレの水漏れ修理をできるだけ安く済ませるためのコツを紹介します。

自分で修理する

トイレの水漏れは、適切な知識と工具があれば自宅で修理することが可能な場合が多くあります。たとえば、タンク内のフロートバルブやフラッシュバルブの不具合は、一般的なDIYスキルを持つ家庭でも比較的容易にできる交換作業です。

交換手順についてもメーカーのウェブサイトやDIYチュートリアル動画で説明されているため、修理時の参考にしましょう。便器の底にあるワックスリングの劣化も一般的な水漏れの原因となりますが、新しいリングに交換することで解決できます。この作業には便器を持ち上げる必要があるため、ある程度の体力と正しい手順を理解しておかなければなりません。

自分で修理する最大の利点は、出張費や労働費などの費用を節約できる点です。しかし、電気工事や複雑な配管作業が必要な場合、または作業に自信がない場合は、安全を最優先に考え、専門家に依頼することを強く推奨します。

修理業者に交渉

専門の修理業者に依頼する際は、まず複数の業者から見積もりを取得することが賢明です。見積もりを確認することにより、市場の相場を理解し、適正価格での修理を実現可能になります。見積もりを比較する際には、提案された修理内容が実際に必要なものであるかを慎重に検討し、不必要な追加サービスには注意を払いましょう。

交渉内容に関しては、修理の必要性や緊急性を明確に伝えることが重要です。必要な作業や 依頼者の現状をわかっていれば、修理業者は依頼者の状況に合わせて最適な修理を行ってくれるでしょう。

さらに、定期的なメンテナンス契約を結ぶことで、長期的に見て修理費用を抑えられるようになるでしょう。これは、小さな問題を早期に発見し、大きなトラブルに発展する前に対処できることからも、お財布に優しい方法といえるでしょう。

自分では解決できない…そんな時は
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

修理業者の選び方

トイレの水漏れは緊急を要するトラブルのひとつですが、適切な修理業者を選ぶことは非常に重要です。適切な業者を選ぶことで、修理の品質を確保し、将来的なトラブルを防げるようになるでしょう。ここでは、修理業者を選ぶ際のポイントを詳しく解説します。

評判と口コミ

修理業者を選定する際、業者の評判と口コミを調べることは、サービスの質を事前に判断する上で非常に有効です。インターネット上のレビューサイトやSNS、地域の掲示板などは、実際にサービスを利用した人々の生の声を聞くための貴重な情報源になります。

良い評判はその業者が信頼できることの証ですが、悪い評判もまた、どのような問題が発生し得るのか、どのような対応がされるかの指標となるでしょう。特に、悪いフィードバックは業者が顧客の期待に応えられなかった具体的な点を明らかにし、それを避けるための参考になります。

さらに、地元のコミュニティーや販売店のスタッフに意見を求めることで、地域に密着した信頼できる業者を見つけることも可能です。これらの情報を基に、自分のニーズに最も合った業者を選びましょう。

見積もりの比較

修理業者を選ぶ際には、複数の業者から見積もりを取得し、それらを比較することが重要です。見積もりを比較することで、サービスの適正価格を把握し、コストパフォーマンスの高い業者を選べます。

見積もりを確認する際は、以下の要素が含まれているか確認するようにしましょう。

確認事項
    • 提供されるサービスの範囲
    • 使用される部品の品質
    • 作業にかかる時間
    • 作業後の清掃サービスの有無

最低でも以上の項目が書かれているか調べ、価格以外の要素もしっかりと含まれているか確認するようにしてください。また、見積もりは詳細に書かれており、どのような作業が行われるのか、どのような部品が使用されるのかが明確であることを確認する必要があります。

予期せぬ追加費用に関しても、見積もり段階で業者に質問し、後でトラブルにならないようにすることが大切です。これらの手順を踏むことで、不透明な費用を避け、納得のいく修理サービスを受けられるでしょう。

保証とアフターサービス

トイレ修理を行う際、業者が提供する保証とアフターサービスは、サービスの質を判断する上で非常に重要な要素です。信頼できる修理業者は、実施した修理作業に対して明確な保証を提供し、万が一の問題が発生した際には迅速かつ適切に対応してくれるでしょう。

保証期間は、修理が長持ちすることへの業者の自信の表れです。長い保証期間を提供する業者は、その作業の品質に自信を持っている証拠といえます。保証の範囲についても、どのような状況や部品がカバーされるのかを明確にしておくことが大切です。

また、アフターサービスに関しては、修理後のフォローアップや、将来的な問題が発生した際の対応策を事前に確認するのを忘れないようにしましょう。さらに、定期的なメンテナンスサービスを提供している業者を選ぶことは、トイレの長期的な健全性を保つ上で有益です。

保証やアフターサービスは小さな問題が大きな故障に発展するのを防ぎ、結果的に修理コストを抑えるのにつながります。

悪徳業者に注意しましょう

トイレの水漏れは家庭内で起こりうる一般的な問題のひとつですが、修理業者を選ぶ際には慎重になる必要があります。特に、悪徳業者による被害は後を絶たず、不当な料金を請求されたり、不適切な修理をされたりするかもしれません。そのため、修理業者を選ぶ際には、以下のような悪徳業者の特徴に注意することが重要です。

悪徳業者の特徴

悪徳業者は、その手口を巧妙に隠し、一見すると信頼できる業者に見えますが、以下のような特徴を持っていることが多くあります。

不明瞭な料金体系

悪徳業者はしばしば、見積もりをあいまいにし、最終的な請求で追加料金を加算することがあります。初めは安価に見えても、最終的には市場価格よりもはるかに高額な請求をされるかもしれません。

不必要なサービスの提案

顧客に対して、実際には必要のない修理やメンテナンスを勧めることがあります。これにより、必要がなかったサービスに対して高額な支払いを強いられてしまいます。

強引な営業手法

悪徳業者は顧客に対して即決を迫るような強引な営業手法を用いることがあります。これにより、顧客は十分な検討をする時間を奪われ、不利な契約を結ばされてしまうかもしれません。

不透明な会社情報

多くの場合、会社の詳細情報や過去の実績が明確でないため、顧客は業者の信頼性を正確に評価することが難しいです。

不十分なアフターサービス

修理後のアフターサポートや保証が不十分であることが多く、顧客が後で問題に直面した際に適切なサポートを受けられないことがあります。

特徴を理解し、悪徳業者を見分けることは、トイレ修理を安心して依頼するために非常に重要です。修理業者を選ぶ際には、これらのポイントに注意を払い、疑問点があれば専門家や信頼できる第三者に相談するようにしましょう。

また、契約書は将来的なトラブルを避けるための重要な文書であるため、内容をしっかりと理解し、必要であれば法的なアドバイスを求めることも重要です。

被害に遭わないための対策

悪徳業者から身を守るためには、以下のような対策が効果的です。

複数の見積もりを比較

ひとつの業者だけでなく、複数の業者から見積もりを取り、それぞれの内容を詳細に比較検討する。これにより、相場を理解し、不当な高額請求を避けることが可能

業者の評判を調べる

インターネットのレビューや口コミを活用し、業者の評判を徹底的に調べる。地元のコミュニティーや知人からの推薦も参考にできる

明確な契約書

契約を結ぶ前に、提供されるサービス内容と料金が明確に記載された契約書を要求し、細部まで確認する。不明瞭な点があれば、契約を結ばないようにする

地元の信頼できる業者を選ぶ

地域に根ざした信頼できる業者を選ぶことで、悪徳業者に遭遇するリスクを減らす

慎重に検討する

提案された修理内容や料金について不審に思う点があれば、契約を急がずに他の選択肢も検討する

これらの対策を講じることで、悪徳業者による被害を防ぎ、トイレの修理を安心して依頼できます。修理業者を選ぶ際には、これらのポイントを念頭に置き、疑問点があれば専門家や信頼できる第三者に相談することが賢明です。

また、契約書は将来的なトラブルを避けるための重要な文書であるため、内容をしっかりと理解し、必要であれば法的なアドバイスを求めることも重要です。また、トイレの修理は、多くの場合、専門的な知識と技術を要するため、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

しかし、悪徳業者に騙される可能性もあるため、上記の対策を実施し、慎重に業者を選定することが不可欠です。適切な業者を選ぶことで、トイレの問題を効率的かつ経済的に解決し、家の中での快適さを維持する重要な役割を果たします。

自分で修理するのが不安な方はご相談ください

トイレの水漏れは、多くの家庭で突然起こる一般的な問題です。自分で修理を試みることは可能ですが、基本的な工具とDIYに関する知識が必要です。簡単な部品の交換ならば、ホームセンターで購入した部品とオンラインの指南を参考に、追加費用なしで対処できるでしょう。

しかし、電気作業や複雑な配管が絡む場合は、専門家の手を借りるのが賢明です。修理費用の相場は、修理の範囲や地域によって異なりますが、一般的な小さな修理であれば数千円から、大掛かりな作業では数万円を見込む必要があります。

悪徳業者に騙されないためには、複数の見積もりを取り、業者の評判を確認し、契約前にはすべての条件を明確にしておきましょう。また、修理後の保証やアフターサービスの有無も重要な判断基準となります。

最終的に、トイレの水漏れ修理は、自分で行うか専門家に依頼するかを決める際には、自身のスキルとリスクを慎重に評価することが大切です。

適切な知識と準備があれば自分で修理することも可能ですが、不安がある場合や大規模な修理が必要な場合はハウスラボホームまでご相談ください。

自分では解決できない…そんな時は
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ