最短20分で駆けつけ!

お湯が出ないときは24時間年中無休対応のイースマイル

お湯が出ないときは24時間年中無休対応のイースマイル

お湯が出ないときは24時間年中無休対応のイースマイル
フリーダイヤル
水のトラブルスピード解決
最短20分
TOP > 給湯器の修理交換

給湯器の故障や不具合を感じたら
「交換」までしなくても
「修理」で済む可能性があります!

ノーリツ、リンナイ、パロマの給湯器でお困りなら、ぜひ弊社にご相談ください。お湯が出なくてお困りの方も、すぐに使えるようになります。また、安心の長期施工保証がついています。作業スタッフは自社の研修施設で接客教育と技術教育を十分受けていて、お客様の対応満足度は93.1%となっています。安心してご相談ください。
まずは修理
当社給湯器修理と大手ガス会社給湯器交換の比較表
給湯器の修理
最短65分でお湯が出せるように修理いたします。
給湯器の交換
給湯器の交換も即日対応可能!お客様の条件やご予算に合わせた給湯器をご提案いたします。
施工保証12年・商品保証最大10年付きで安心です!
■商品保証について

急にお湯が出なくなるなど、商品本体の不具合や故障についても最大10年間保証いたします。
※3年以上は有料となりますのでご注意下さい。
【例:ノーリツGT-Cシリーズの場合】5年保証:5,400円、7年保証:7,400円、10年保証:26,400円(税別)
メーカー、機種により保証金額は異なります。

※その他注意事項
・購入代金以上の修理累計費用は出ません。
・他社で修理した場合等の修理代金をお渡しする内容の保証ではありません。
・修理の訪問は若干のお日にちを頂戴する場合もございます。
・保証範囲は商品、条件により異なります。

■施工保証について

配管接続や取付の不具合など、当社の工事に起因する不具合が対象となります。

<免責事項>
・地震、火災、台風等の災害により生じた不具合
・お客さま、第三者の過失による不具合
・物件所有者の変更やリフォーム等による利用条件の変更が発生した場合
・湯沸器、パックイン、バランス釜、風呂釜は保証対象外となります
・経年劣化による不具合
上記の場合、保証の対象外となります。

ガス給湯器の寿命・故障のサインについて
給湯器の寿命は10年程度と言われています。10年を経過してもすぐに使えなくなることはありませんが、だんだんと調子が悪くなってくることが多いようです。故障の予兆としては以下のようなものがあります。

・温度が一定しない
設定した温度が一定して出てこない、急に熱くなったり冷たくなったりします。
・変な音がする
着火するときの音が異様に大きい場合があります。
・熱いお湯が出ない
熱めに温度設定していても温度が上がらず、ぬるいままという現象です。
・煙が出る
白い煙は蒸気なので、気にすることはありませんが、黒い煙が出た場合は非常に危険です。内部で不完全燃焼を起こしている可能性があります。

このような現象があった場合は、故障のサインですので、早めに弊社コールセンターにご相談ください。お電話から最短20分で訪問いたします。給湯器が完全に故障してしまうと生活にさまざまな不便が生じます。そうなる前に故障のサインを見逃さずに対応しましょう。迅速に修理いたしますので、少しの間お待ちいただければスムーズに機能するようになります。
下記メーカーの給湯器なら修理も交換も可能です!
ノーリツ・リンナイ・パロマの給湯器に対応しています。
対応可能な設置タイプ
給湯器の設置タイプについて

給湯器には設置する場所によりタイプがあります。自宅の給湯器がどのようなタイプか知っておくことも、給湯器トラブルのときに必要です。それぞれのタイプをご紹介しましょう。

・屋外壁掛タイプ
一戸建ての住宅やマンションのベランダなどに設置してあるタイプです。配管が下から出ていて、文字通り壁に掛けて設置されています。
・屋外据置タイプ(1つ穴・2つ穴)
主に一戸建ての住宅に設置されています。敷地内の地面に直接かブロックなどの上に置かれることが多いタイプです。配管は横から出ています。
浴槽には1つ穴タイプと2つ穴タイプの2種類があるので、それに合わせて設置する給湯器も変わります。
・浴槽タイプ(風呂釜タイプ)
見た目は屋外据置型とほとんど同じです。大きく違う点は浴槽に直接つながる配管が2本あることです。一戸建て住宅に設置されています。
・PS設置タイプ
上記一覧には書いておりませんが、もちろん弊社にて対応可能です。
PSというのはマンションなどの共同住宅に一戸ずつある「パイプスペース」のことです。中に収納されているタイプと本体が外に出ているタイプがあります。設置スペースが限定されるため、交換するときにはサイズに注意が必要です。

対応可能な給湯能力
ご依頼から修理交換の流れ ご依頼からの流れ1 ご依頼からの流れ2 ご依頼からの流れ3 ご依頼からの流れ4 ご依頼からの流れ5
120万件の実績 4つの魅力
おかげさまでイースマイルは三冠達成!!
対応エリア
北海道・東北地方
北陸・信越地方
関東地方
東海地方
関西地方
四国地方
九州・沖縄地方
給湯器・湯沸かし器のよくある故障の症状・原因・故障してしまう箇所
給湯器写真
給湯器は毎日使用するものなので、耐久性に優れた機器です。しかし、屋外に設置することも多く、故障することもあります。比較的多く故障する箇所は「リモコン」「配管」「給水バルブ」「基盤」などです。
「リモコン」はほかの機器と同じで、よく押すボタンが故障します。「配管」の場合は、配管自体や接合部のパッキンの劣化によって水漏れが発生します。経年劣化が大きな原因となります。また、「給水バルブ」も故障が発生しやすい場所で、経年劣化などでバルブが作動しなくなることもあります。給水バルブは給水を一時的に停める機能があり、工事のときなどには大事な役割を果たします。点検時には必ず確認をするようにしてください。最後に「基盤」ですが、こちらは接触不良やショートなどによって故障してしまいます。故障した場合は修理ではなく、基盤ごと交換することになります。
このような部分が故障してしまうと、いつものようにお湯が出なかったり、お風呂を沸かす機能が使えなかったりする症状が出てしまいます。そのような場合は専門業者による修理が必要です。
給湯器のトラブルと緊急対処法
突然の給湯器トラブル、お湯が出ないとシャワーも使えないし、食器洗いもできません。特に冬場のトラブルは生活にさまざまな支障をきたしてしまいます。でも、そのトラブルもしかしたら、すぐに解決できるかもしれません。
例えばお湯が出ない場合、どの蛇口からも水やお湯が出ないときは断水や大きな水漏れがある可能性もあります。近所の人に状況を聞いたり、水道管をチェックしてみましょう。
水だけは出ている場合はガスが止まっている可能性がありますのでガスコンロなどをつけてみてください。ガスメーターは地震や異常が検知されたときに自動的にガス供給を停める機能があります。ガスが来ていない場合はガス会社が公開している復帰方法を試してみてください。
水道にもガスにも異常がない場合は、やはり給湯器の問題になります。リモコン式の場合は液晶画面にエラーコードが出るので、説明書でトラブルの原因が特定できます。しかし、給湯器はガスを使う機器なので、自分で修理しようとするのは大変危険です。なるべく早く修理をしたいなら、ぜひ弊社にご連絡ください。給湯器専門スタッフは150名以上在籍、最短20分でお伺いします。万が一交換になっても迅速に作業しますので、生活への影響を最小限にできます。
給湯器の修理と交換費用について
弊社ではノーリツ、リンナイ、パロマの給湯器を取り扱っています。「3社だけしか扱ってないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、実は給湯器のシェアはリンナイとノーリツで80%以上を占めています。そこにパロマを加えれば約90%のシェアをこの3メーカーで占めているのです。弊社では、この3メーカーの修理部品を取り揃えていますので、古い型式をお持ちの方でもあきらめずに、一度ご連絡ください。
修理費用はメーカーや故障の状態によって変わってきます。弊社ではご訪問後すぐに給湯器の状態や故障箇所を確認して、お客様にお見積もりを提示しています。その金額に納得いただけた場合のみ、施工を実施しますので、施工後に追加料金などを請求することは一切ありません。また、お見積もり金額に納得いただけなかった場合、施工をキャンセルすることもできます。もちろん、出張費、お見積もり費用などはかからず、お客様の負担は一切ありません。安心してご相談ください。
給湯器の交換の場合も弊社で購入いただければ、最短で即日施工も可能ですので生活に大きく支障が出ることはありません。各メーカーともさまざまな機種を取り揃えています。お客様のライフスタイルに合った機種をお値打ち価格でご紹介いたしますので、ぜひご相談ください。
弊社では給湯器の修理、交換の両方を取り扱っていますが、どちらにするか迷われる方もいると思います。修理のメリットは何と言っても交換するよりも料金が安いことです。まだ使用してそれほど年数が経っていない場合は修理のほうがメリットが大きいと言えます。一方、交換するメリットは旧式の給湯器から最新の高効率給湯器に交換することにより月々の光熱費が節約できることにあります。場合によっては数年間の使用で交換費用が回収できることもあり得ます。交換は旧式の給湯器をお使いの方にはとてもおすすめです。
修理か交換か迷っている方もぜひ、一度弊社にご相談ください。さまざまな提案をさせていただきます。
故障のリスクを少なくするにはどうするか
給湯器は機械ですから、いつか必ず故障してしまいます。ただ、そのリスクを減らすにはどのような方法があるのでしょうか。まず、使っている給湯器の使用年数を把握することです。給湯器の耐用年数は約10年なので、それを過ぎると故障が多くなる傾向にあります。故障のリスクを抱えて修理を繰り返すよりも、故障しない新品に交換したほうが修理コストや不安から解放されて、トータルではお得な場合もあります。
また、給湯器の設置当時との生活環境の変化も故障リスクにつながります。給湯器を使用する回数が増え、能力を超えている場合は故障の原因になります。故障のリスクを減らすには使用状況に合った給湯器に交換する必要があります。
弊社で給湯器交換は製品保証が最大10年間、施工保証は12年間ついています。修理の際のコストも抑えられて安心して次の交換まで使い続けられます。
修理とサービス料金
MENU
ページ上部へ