TOP > トイレの修理サービス > トイレお役立ちコラム > トイレタンクの部品交換で快適生活を取り戻そう!
トイレタンクの部品交換で快適生活を取り戻そう!:イメージ

トイレタンクの部品交換で快適生活を取り戻そう!

更新日:2023/12/01
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
トイレは私たちの日常生活において欠かせないものです。トイレタンク内の部品が故障すると、日常生活に大きな影響が起こります。

水漏れや流れが悪いといった症状は、実は自分で修理できることも多いトラブルです。この記事では、トイレタンク内の主要部品とその役割、部品交換の費用相場、症状から見る交換部品の特定方法、DIYでの交換手順、そして業者に依頼した場合の費用と業者選びのポイントについて紹介していきます。
目次 [非表示]

トイレタンク内の主要部品とその役割

トイレタンクは、快適な生活に欠かせない水洗トイレにおいて重要な役割を持つものです。タンク内には、水の流れをコントロールし、トイレの基本的な機能を支えるいくつかの主要部品があります。

ここではどのような部品が、どのような役割をしているのかを紹介します。

フロートバルブ:水位を調節する部品

フロートバルブは、トイレタンク内の水位を確認し、水位に基づいて水の流入を管理する役割を果たします。タンク内の水が一定レベル以下に落ちた際には、このバルブが反応して水道水をタンクへと導く仕組みです。

水が設定された高さに達すると、フロートバルブは水の供給を停止させ、過剰な水の流入を防ぎます。フロートバルブにより、トイレタンクは常に適切な水量を維持し無駄な水の使用を抑えることが可能です。

フラッシュバルブ:水を流すためのバルブ

フラッシュバルブは、トイレ使用後便器へ流れる水量を調整するための部品です。流すレバーの操作によりフラッシュバルブが、タンク内の水を一気に便器へと送り出し、汚れを洗い流します。

バルブが解放されると水は力強く便器内へと流れ込み、汚物を効率的に排除することが可能です。フラッシュバルブによる瞬発的な水の放出により、いつもの「流す」操作ができます。

フィルバルブ:水を補充するバルブ

フィルバルブは、トイレの洗浄動作後にタンク内へ水を再供給するための部品です。フロートバルブとの協調動作により、タンク内の水位が適正な状態に保たれるように作動します。

流した後に水位が下がると、フィルバルブはタンクへの水の流れを開始し、適切な水位まで水を溜めていきます。つまり、次の使用に備えてタンク内の水量を効率的に回復させることができるのです。

その他の部品:チェーン、レバー、ゴムフラッパーなど

トイレタンクの機能を支えるには、フロートバルブやフィルバルブだけでなく、チェーンやレバー、ゴムフラッパーといった部品も欠かせません。フラッシュバルブの動作を補助し、水の流れを適切に制御するために不可欠です。

チェーンとレバーは、ユーザーがトイレを流す際の直接的なアクションをバルブに伝える役割を持ち、ゴムフラッパーはタンクから便器への水の移動をコントロールします。使用頻度が高いため、これらの部品は摩耗や劣化が進みやすく、定期的にチェックし適宜交換することが重要です。

トイレタンク内の部品交換の費用相場

部品の交換費用は、部品の種類や購入場所、交換方法によって異なります。ここでは部品交換を行う場合にどの程度費用が掛かるのかを紹介します。

部品ごとの価格の目安

トイレタンクを構成する部品の価格は、種類や機能によって幅広い範囲にわたります。たとえば、フロートバルブやフラッシュバルブといった基本的な部品は、おおむね数千円で手に入れることができますが、特定のモデルや高機能を備えた製品になると価格はそれ以上になることも多いです。

トイレのメーカーやデザインによっては専用の部品を用いることが多く、これがコストに影響を及ぼすことも考慮すべきでしょう。

DIYと業者依頼時の費用の違い

トイレタンクの部品を自分で交換するDIYは、購入する部品の費用だけで完了するため経済的な選択肢となり得ます。一方で専門業者に修理を依頼した場合は、部品代に加えてその技術と時間に対する工賃が必要です。

交換費用総額は数万円に上る可能性があり、作業の複雑さや緊急性によってはさらに高額になることも考えられます。自分での修理と専門業者の依頼、どちらを選ぶかは、コストだけでなく、自身の技術力や時間の余裕、安全性への配慮など、複数の要因を総合的に判断することが重要です。

自分では解決できない…そんな時は
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

【症状別】どの部品を交換すれば解決する?

トイレの不具合は、特定の症状から原因となる部品を推測することができます。起こりうるトラブルと、交換が必要な部品を紹介します。

水漏れが発生したらフロートバルブとゴムフラッパー

トイレからの水漏れは、家庭内で発生する配管トラブルの中でも特に一般的なものです。フロートバルブの不具合やゴムフラッパーの老朽化が一般的な原因として挙げられます。

この部品が正常に機能しない場合、水が止まらずに漏れ続けることがあるため、水漏れを見つけたらフロートバルブ、ゴムフラッパーの確認から始めることが一般的です。問題が見つかれば、迅速に交換することで水漏れ被害を最小限にとどめることができます。

トイレの水が止まらない時はフィルバルブ

トイレのタンクから水が止まらないという状況は、フィルバルブやフロートバルブの調整が適切でないことが原因である場合が多く見られます。放置してしまうと、タンク内へ水が常に流れ込むことになり、水道代の高騰にも繋がるでしょう。

水の流れが止まらないと気づいたら、まずはバルブの状態を確認し調整や交換を行うことが推奨されます。正しい位置に調整されたバルブは、トイレの水の流れを適切にコントロールし、水道料金の節約にもつながります。

流れが悪いと感じたらフラッシュバルブの点検

トイレの水の流れが鈍いと感じる場合は、フラッシュバルブの不具合が原因である可能性があります。バルブに閉塞が生じているか、または流すときに引き上げるチェーンの長さが合っていないことが原因として多いです。

解決するには、フラッシュバルブとチェーンの点検を行い、必要に応じて清掃や調整をすることが重要です。適切なメンテナンスにより、トイレの水の流れをスムーズにし、快適な使用感を取り戻すことができます。

各部品の交換は自分でもできる?

多くのトイレタンクの部品は、基本的な工具があれば交換可能です。ここではDIYで交換する場合の注意点を紹介します。

DIYでの交換可能性

多くのトイレタンク部品は、DIYによる交換が可能です。基本的にはシンプルな設計で、専門的な知識がなくても交換作業を行うことができます。

一方、交換作業には正確な手順が必要であり、誤った方法で作業を行うとトイレの機能に影響を及ぼすリスクもあります。DIYに挑戦する際は、正しい手順をしっかりと理解し慎重に作業を進めることが肝心です。

必要な工具や注意点

トイレタンクの部品を交換する際には、プライヤーやレンチといった基本的な工具が必要となります。部品を固定したり、締めたりするのに不可欠です。

水漏れを未然に防ぐためには、新しい部品の取り付けに際して、ゴムパッキンや接続部分の密閉性を確実にしなければなりません。過度な力を加えて破損させないように注意しながら取りつけ、すべての接続点がしっかりと密封されていることを確認する必要があります。

トイレの部品交換を行うときには、正しい工具の使用と丁寧な作業が必要不可欠です。

トイレタンク内の部品を自分で交換する手順

部品交換には、正しい手順を理解し、適切な準備が必要です。ここでは、準備から一連の交換作業を紹介します。

作業開始前の準備

トイレタンクの部品交換を行う前には、交換する新しい部品のほかに、作業に必要な工具を適切に準備することが必要です。プライヤーやレンチといった工具は、古い部品の取り外しや、新しい部品を取り付ける時に使用します。

作業中に水がこぼれる可能性があるため、タオルやバケツも準備しておくと安心です。また、作業を始める前にメインの水道バルブを閉じて水を止め、タンク内の水を完全に抜くことが不可欠といえます。

作業前の準備を万全にすることで、水漏れによる不意のトラブルを防ぎ、作業をスムーズに進めることが可能です。

具体的な交換手順の説明

部品の交換はに当たっては、以下の手順を丁寧に実行することが重要です。

一つ一つの工程を確実に行うことで、安全に作業を進められ、また迅速なトラブル解決に繋がります。

古い部品の取り外し

まず、タンク内の水を抜き、古い部品がどのように取り付けられているかを確認します。必要に応じて、元の状態を写真に撮っておくのも効果的です。

そのうえで、プライヤーやレンチを使用して、部品を固定しているネジやナットを慎重に外し、同時にタンクに接続されているチューブやホースがあれば、取り外します。

新しい部品の取り付け

取り外した古い部品を新しいものと交換します。新しい部品を正しい位置にセットし、必要なネジやナットで固定します。

接続部分がしっかりと密封されていることを確認することが重要です。

漏れのチェック

新しい部品の取り付けが完了したら、メインの水道バルブを開いて水をタンクに戻します。その後、接続部分に漏れがないかを慎重に確認することが必要です。

漏れが発見された場合、まず接続部分を再締めすることが重要です。さらに、隙間がある場合は、シーリング材を使用して密封することが推奨されます。シーリング材は、水漏れを防ぐために重要な役割を果たし、接合部をしっかりと保護し長期間にわたって水の侵入を防ぎます。

水の流れのテスト

最後に、トイレを数回流して、新しい部品が正しく機能しているかをテストします。水の流れが改善されていることを確認し、フラッシュ後のタンクの水位が適切に調整されているかをチェックしてください。

安全に作業を行うためのポイント

トイレタンクの部品交換は、まず安全面に考慮して行うことが重要です。暖房便座など電気を使っている場合は、必ず作業までに電源を切りコンセントも抜きましょう。

同時に、水漏れ防止のためしっかりとメインバルブを閉じることが必要です。作業時には、正しい工具を使い、取り付け後は接続部分の漏れをチェックする必要があります。

また、衛生面も重要であり手袋を着用して手作業し、作業後はタンク周りやトイレ内の清掃も行いましょう。

トイレタンク内の部品交換を業者に依頼する費用

業者に依頼する場合の費用は、部品の種類や交換作業の難易度によって異なります。ここでは業者選びをするときに気を付ける点を紹介します。

業者選びのポイント

トイレタンクの部品交換を業者に依頼する際は、業者選びが重要です。良い業者を見つけるためには、まずインターネットでの口コミやレビューをチェックし、実際にその業者のサービスを利用した人の意見を参考にします。

業者の過去の実績を調べ、類似の作業での事例を確認することも大切です。見積もりや作業内容が明確かどうか、見積もりにない費用が後に発生しないかも重要なポイントといえます。

作業後の保証や、緊急時の対応速度も事前に確認しておくと安心です。

見積もりを取る際のアドバイス

トイレタンクの部品交換における見積もりは、コストとサービスの質を担保するために不可欠です。適切な見積もりを得るには、まず複数の業者から見積もりを取り、比較することが推奨されます。

見積もりの内訳を細かくチェックし、部品代や工賃、出張費などが明確になっているかを確認することがポイントです。わかりづらいことがあれば、遠慮せずに問い合わせをして明確にすることが後のトラブルを避けるために重要なポイントでしょう。

部品交換が不安なら業者に相談を

トイレタンクの部品一つ一つには、それぞれに重要な役割があります。フロートバルブやフラッシュバルブなどの部品が正常に機能しなくなった場合、自分で交換することも可能ですが、適切な手順を踏むことが重要です。

今回ご紹介した手順やポイントを参考に、安全かつ効率的に作業を行ってください。もしDIYに自信がない場合や、より複雑な問題が発生していると感じたら、信頼できる業者に依頼するのが賢明です。

ハウスラボホームでは作業前に必ず詳細なお見積もりを作成し、ご納得いただいたあとで部品交換を行います。
出張費やお見積もりは無料なので不安な方は一度ご相談ください。

自分では解決できない…そんな時は
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ