TOP > 給湯器の修理サービス > 給湯器お役立ちコラム > 給湯器交換すると費用は高い?見積もりからアフターサービスまで解説
給湯器交換すると費用は高い?見積もりからアフターサービスまで解説:イメージ

給湯器交換すると費用は高い?見積もりからアフターサービスまで解説

更新日:2023/12/06
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
給湯器は家庭での快適な生活に不可欠な設備ですが、長年の使用による故障や性能の低下が生じた場合、交換が必要になります。しかし、給湯器の交換は高額な費用がかかるというイメージを持つ方も多いでしょう。

実際のところ、給湯器の交換費用は、選択する設置タイプや機能、さらには付帯するサービスによって大きく異なります。この記事では、給湯器の交換にかかる費用の相場と、その価格を左右する要因を詳しく解説します。
目次 [非表示]

給湯器交換の費用相場

給湯器の交換は家庭にとって大きな出費となることが多く、その費用相場は設置タイプや号数、機能によって大きく異なります。また、地域や選ぶ業者によっても費用は変動します。ここでは、給湯器交換にかかる費用の相場と、その価格がどのように決まるのかを詳しく解説していきます。

設置タイプや号数、オートフルオートなどでの違い

給湯器の号数やオート機能による違いを理解し、設置する家庭の使用状況や希望する機能性を考慮して選ぶことが、長い目で見ると満足できる投資となります。

設置タイプ

給湯器には、屋外設置型と屋内設置型の2種類があります。屋外設置型は、その名の通り外に設置され、屋内のスペースを節約できる利点があります。また、壁掛け型の屋外設置は、スペースを有効に活用し、設置場所の柔軟性を高めます。

一方で、屋内設置型は、家の中に設置されるため、外気温の影響を受けにくいというメリットがあります。特に寒冷地での使用に適しており、給湯器の凍結を防ぐことが可能です。

さらに、PS設置型(強制排気)というタイプも有り、屋内に設置しながらも排気を効率的に外に排出することができ、安全性と効率性を両立しています。

号数

号数とは、給湯器が1分間に供給できるお湯の量を示す単位です。数値が大きいほど多くのお湯を供給できます。一般的な家庭用給湯器では、16号から24号が多く用いられています。

少人数の家庭や単身者の場合は16号や20号で十分なことが多いですが、家族が多い、または浴槽をよく使用する家庭では24号が適している場合があります。

号数が大きい給湯器は価格が高くなる傾向にありますが、同時に多くのお湯を迅速に供給する能力が高まるため、使用状況に応じた選択が求められます。

オートとフルオート

オートとフルオートの違いは、給湯器の機能性を指します。オートタイプの給湯器は、設定した温度に応じてお湯を自動で調整し、必要な量だけを供給する機能を持っています。無駄なエネルギー消費を抑え、経済的な運用が可能になります。

一方、フルオートタイプの給湯器は、オートタイプの機能に加えて、浴槽の湯量や温度を自動でコントロールする機能が備わっています。例えば、お風呂の追い焚き機能を使う際に、フルオートタイプであれば設定した温度に応じて自動でお湯を足し、適切な湯量を保つことができます。

高度な機能を持つフルオート型給湯器は快適性を重視するユーザーに適しており、価格はオートタイプよりも高めですが利便性が向上します。

地域や業者による費用の違い

業者選びにおいては、単に価格だけでなく、工事の質やアフターサービスの充実度も考慮が必要です。資格を持ったプロフェッショナルによる施工や長期保証の有無、万が一のトラブルに対する対応といったサービス内容をしっかりと比較検討することが求められます。

地域によっては、給湯器の交換工事に補助金が出る場合もありますので、自治体の情報をチェックするのも一つの方法です。また、複数の業者から見積もりを取り、相見積もりを行うことで、コストと品質のバランスが良い業者を見つけることができます。

給湯器の交換は、適切な業者選びとしっかりとした事前の情報収集によって、より経済的で満足度の高い結果につながります。自宅の状況や家族構成、ライフスタイルに合った給湯器選びと、適正な価格での交換を心がけましょう。

”点検・見積もりのみ”もOK!
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

交換費用を安く抑えるためのコツ

給湯器の交換は、計画的に行うことで大幅にコストを削減できます。特に、一括見積もりサービスの活用や早めの交換計画と予算設定は、経済的な負担を軽減する上で非常に効果的です。

ここでは、給湯器交換の費用を抑えるための具体的なコツを紹介し、家計を賢く管理するための役立つ情報を提供します。

一括見積もりサービスの活用

一括見積もりサービスは、複数の業者から見積もりを一度に取ることができる非常に便利なオンラインサービスです。一括見積もりサービスを使うことで、地域に限らず多くの業者の中から、費用対効果が最も高い選択肢を見つけることができます。

サービスの利用は基本的に無料で、必要な情報を入力するだけで複数の見積もりを短時間で受け取ることができます。見積もりを比較する際には、単に価格だけでなく提供されるサービスの質、保証期間、施工の評判、アフターサービスの充実度など総合的な視点で業者を評価することが重要です。

また、一括見積もりを取る際には工事の内訳を詳細に確認し、不必要なオプションやサービスを省くことでコストを削減することができます。既存の配管を利用できる場合や、撤去する給湯器がリサイクル可能な場合は、明示することで工事費用を下げる交渉が可能になります。

早めの交換計画と予算設定

給湯器の交換は予期せぬタイミングで必要になることが多いです。しかし、早めに交換計画を立てておくことで余裕を持った予算設定が可能になり、結果的にコストを抑えることができます。

給湯器の平均寿命は約10年とされていますが、使用状況によってはそれより早く交換が必要になることもあります。給湯器が8年を超えたら交換の準備を始めることをおすすめします。早めの計画には、セールやキャンペーン期間を狙って給湯器を購入する、オフシーズンに工事を行うなど、さまざまなコスト削減のチャンスがあります。

冬場などの繁忙期を避けることで業者が比較的空いており、価格交渉がしやすくなるケースもあります。予算設定においては、給湯器本体の価格だけでなく、取付工事費用、古い給湯器の撤去費用、必要に応じて発生する追加工事の費用など、全てのコストを考慮に入れることが重要です。

また、将来のエネルギー消費を考慮し、初期投資は高くても運用コストが低いエコ給湯器への投資を検討するのも賢い選択です。自治体の補助金や助成金プログラムを利用することで、初期投資を大幅に削減できる場合があります。

地域によって補助や助成プログラムは異なるため、事前に情報を集め、計画に組み込むことが大切です。給湯器の交換計画を早めに立て、予算を賢く設定することで、経済的な負担を最小限に抑えつつ、家庭にとって最適な給湯環境を実現することができます。

交換費用だけでなくランニングコストを意識する

給湯器の交換を検討する際、初期費用だけでなく、長期にわたるランニングコストを考慮することが重要です。省エネ型給湯器への投資は、初期費用が高くても、長期的にはエネルギー消費の削減により経済的なメリットが大きくなります。

ランニングコストを見積もることで、給湯器の総コストを把握し、より賢い選択が可能になります。省エネ型給湯器のメリットと、長期的なランニングコストの見積もり方法について詳しく紹介します。

省エネ型給湯器のメリット

省エネ型給湯器は、従来型の給湯器に比べてエネルギー効率が高く、ガスや電気の消費を大幅に削減できるため、ランニングコストを低減できます。例えば、高効率のガス給湯器やエコキュートなどは、熱を逃がしにくい構造や高度な熱交換技術を用いており、必要なエネルギーを最小限に抑えます。

また、太陽光を利用したソーラー給湯器は、日照条件が良い地域では、多くのお湯を太陽エネルギーで賄うことが可能です。ガスや電気の使用量を大きく減らし、エネルギーコストの削減に貢献します。さらに、これらの省エネ型給湯器は、CO2排出量の削減にも繋がるため、環境に優しい選択といえます。

省エネ型給湯器のもう一つのメリットは、政府や自治体からの補助金や税制優遇を受けられるケースがあることです。初期投資を抑えることが可能になり、経済的な負担をさらに軽減できます。省エネ型給湯器への投資は短期的なコストだけでなく、長期的な経済性と環境への配慮を両立させる賢い選択です。

長期的なランニングコストの見積もり

給湯器のランニングコストを見積もる際には、給湯器の種類、使用頻度、エネルギーの単価など、複数の要因を考慮する必要があります。まず、給湯器の種類によって消費エネルギーが異なるため、ガス、電気、石油などのエネルギー源ごとの効率を比較することが大切です。次に、家庭でのお湯の使用頻度を把握し、平均的な消費量を算出します。

さらに、エネルギーの単価は地域や時期によって変動するため、考慮した上でランニングコストを計算することが重要です。また、給湯器の寿命やメンテナンスコストもランニングコストに含まれるため、これらの情報を集めておくことも必要です。

長期的なランニングコストの見積もり

年間ランニングコスト = 年間エネルギー消費量 × エネルギー単価
総ランニングコスト  = 年間ランニングコスト × 給湯器の寿命(年)

具体的な計算方法としては、給湯器のエネルギー消費効率(年間エネルギー消費効率やCOPなど)を基に、年間のエネルギー消費量を推定します。それにエネルギーの単価を乗じて年間のランニングコストを算出し、給湯器の想定寿命を通じた総ランニングコストを見積もります。

給湯器の種類 年間エネルギー消費量 (kWh/年) エネルギー単価 (円/kWh) 年間ランニングコスト (円/年)
ガス 1000 30 30,000
電気 1200 27 32,400
石油 800 35 28,000

長期的なランニングコストの見積もりは、給湯器選びの際の重要な判断材料となります。初期費用が高くても、ランニングコストが低い給湯器を選ぶことで、長期的には経済的なメリットが得られることが多いです。

給湯器の交換を検討する際には、ランニングコストを含めた総コストを意識することで、より賢い選択が可能になります。

”点検・見積もりのみ”もOK!
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

見積もり時に気をつけること

給湯器の交換費用を見積もる際には、細心の注意を払うことが重要です。見積もりの各項目を正確に理解し、複数の業者から見積もりを取ることで、適正価格での交換が可能になります。

ここでは、見積もりを取る際に注意すべきポイントと理由について詳しく説明します。

見積もりの項目を理解する

見積もりには、給湯器本体の価格だけでなく、施工費、既存の給湯器の撤去費、追加工事が必要な場合の費用など、複数の項目が含まれています。

見積もりの項目
  • 給湯器本体の価格:モデルや機能によって異なる。特定の機能が価格に影響する。
  • 施工費:必要に応じて発生する追加工事の費用も含む。
  • 既存の給湯器の撤去費:撤去と廃棄処理に関わる費用。
  • 追加工事費:配管の変更や電気工事など、標準的な取り付け工事以外に必要な費用。
  • 保証内容:製品や工事に対する保証の範囲と期間の確認が必要。
  • アフターサービス:メンテナンス契約や緊急時の対応など。

項目を理解することで、見積もりの全体像を把握し、不必要なコストが含まれていないかを確認できます。また、見積もりの際には、業者にこれらの項目について詳細な説明を求めることが大切です。

施工費には、配管や電気工事などの基本工事のほかに、場所によっては特殊な作業が必要になることがあります。また、既存の給湯器の撤去費には、廃棄処理費用が含まれることが多く、これが見積もりの中でどのように計算されているかを理解することが重要です。

見積もりには保証内容やアフターサービスの詳細も記載されていることがあります。長期間にわたって安心して使用するためにも、保証やアフターサービスがどの程度の範囲で提供されるのかを確認し、必要に応じて業者との交渉材料とすることができます。

複数の業者から見積もりを取る

一つの業者だけでなく、複数の業者から見積もりを取ることは、適正価格でサービスを受けるために非常に重要です。複数の見積もりを比較することで、市場価格の把握や、各業者の価格設定の違いを理解することができます。

以下のステップで効果的に見積もりを取りましょう。

見積もりのステップ
  1. 同条件で見積もりを依頼:同じ給湯器モデル、同じ工事内容で見積もりを依頼する。
  2. 業者の評判を調査:見積もりを取る前に、業者の評判や過去の実績などを調べる。
  3. 価格交渉を行う:最も条件の良い業者に、他社の見積もりを参考に価格交渉を試みる。
  4. 補助金や助成金の活用:自治体の補助金や助成金が利用できるかどうかを確認する。

見積もりを取る際には、同じ条件で見積もりを依頼することが大切です。例えば、給湯器の型番や機能、工事内容が同じであることを確認し、それに基づいて各業者の見積もりを比較します。

また、見積もりを取る際には、業者の評判や過去の実績、顧客のレビューなども参考にすると良いでしょう。また、交渉の余地があるかどうかも確認することが大切です。

例えば、工事のスケジュールが柔軟であれば価格交渉がしやすくなることがあります。長期的なメンテナンス契約を結ぶことで、初期費用を抑えることができる場合もあります。

給湯器の交換を検討する際には見積もりの各項目を正確に理解し、複数の業者から見積もりを取ることで適正価格での交換が可能になります。経済的な負担を最小限に抑えつつ、安心して給湯器を使用することができます。

アフターサービスや保証

給湯器の交換を行う際、アフターサービスや保証は非常に重要な要素です。購入後の安心感や将来的なメンテナンスコストに大きく影響を与えるため、慎重に選ぶ必要があります。アフターサービスの内容や保証期間、保証内容を事前に把握し、納得のいくサービスを提供する業者を選ぶことが肝心です。

業者が提供するアフターサービスの内容と保証期間や保証内容について紹介していきます。

業者のアフターサービス内容

アフターサービスは、給湯器の購入後に発生するさまざまな問題に対応するためのサービスです。業者によって提供されるアフターサービスの内容は異なりますが、一般的には以下のようなサービスが含まれます。

アフターサービスの内容
  • 定期メンテナンス
  • 緊急時の対応
  • 部品の交換
  • 相談窓口

給湯器の性能を維持し、長寿命化を図るためには定期的なメンテナンスが必要です。業者によっては、年に1回などの定期メンテナンスを契約に含めている場合があります。また、給湯器が故障した際には迅速な対応が求められます。

24時間365日のサポートを提供する業者もあり、トラブル時の安心感が違います。給湯器の部品が故障した場合に、保証期間内であれば無料で交換してくれるサービスも重要です。使用中に疑問や不明点が生じた際に、専門のスタッフが対応してくれる相談窓口の有無もチェックしましょう。

アフターサービス内容を確認する際には、サービスの範囲、対応時間、追加費用の有無などを明確にしておくことが重要です。また、実際の利用者のレビューや評判を参考にすることで、業者のサービス品質をより正確に把握することができます。

保証期間と保証内容

保証は、給湯器の購入後に発生する可能性のある問題に対して、業者が責任を持って対応するための制度です。保証期間は通常、製品によって異なりますが、一般的には1年から数年の間です。保証内容には、以下のようなものが含まれることが多いです。

保証期間と保証内容
  • 製品保証:給湯器本体に不具合が生じた場合に修理や交換を行う保証。
  • 工事保証:取り付け工事に関連する問題が発生した場合に、無償で修正工事を行う保証。
  • 部品保証:特定の部品に限定された保証で、故障や不具合があった場合に部品を無償で交換。

保証を選ぶ際には、保証期間の長さだけでなく、どのようなケースが保証の対象になるのか、またどのようなケースが除外されるのかを理解することが大切です。例えば、自然災害による被害や、ユーザーの不適切な使用による故障は保証の対象外となることがあります。

また、保証をフルに活用するためには、保証書の保管、購入時のレシートや設置時の写真など、必要な証拠を保持しておくことが重要です。保証期間内に問題が発生した場合には、これらの証拠をもとに迅速に対応を求めることができます。

給湯器の交換を検討する際には、アフターサービスや保証の内容をしっかりと確認し、将来的なトラブルに備えることが重要です。長期にわたって安心して給湯器を使用することができます。

”点検・見積もりのみ”もOK!
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

給湯器の寿命と交換のタイミング

給湯器は毎日の生活に欠かせない設備ですが、その寿命や交換のタイミングを見極めることは、家計と快適性を守る上で非常に重要です。平均的な寿命を知り、性能の低下サインを見逃さないことで、不意の故障や余計な出費を防ぎ、給湯器の効率的な運用が可能になります。

早期交換のメリットを理解し、コストと利益を比較することで、より経済的な選択ができるようになります。

給湯器の平均寿命と性能の低下サイン

給湯器の平均寿命は、適切なメンテナンスを行っていれば約10年から15年です。しかし、この期間はあくまで目安であり、使用頻度や水質、設備の品質によって大きく変わることがあります。

給湯器が老朽化してくると、以下のような性能の低下サインが現れることがあります。

給湯器の老朽化サイン
  • 温度調節の不具合
  • 水漏れの発生
  • 異常音の発生
  • エラーコードの表示

設定温度に達しない、または温度が不安定になることがあります。これは、熱交換器の劣化やセンサーの不具合が原因である可能性が高いです。また、給湯器本体や配管からの水漏れは、内部の腐食や接続部の劣化が原因であることが多いです。放置すると大きな水害や修理費用を招く可能性があります。

給湯器から異常な音がする場合も内部の部品が摩耗しているか、何らかの故障が発生しているサインです。多くの給湯器には自己診断機能があり、エラーコードを表示することで問題を知らせます。エラーコードが表示された場合は、すぐに専門家に相談することが重要です。

リモコンに見慣れないサインがある場合は、給湯器の交換を検討するタイミングと考えるべきです。早期に専門家の意見を聞き、適切なアドバイスを受けることが望ましいです。

早期交換のメリットとコスト比較

給湯器の早期交換は、故障による急な出費や生活の不便を避けるだけでなく、エネルギー効率の良い新しいモデルへのアップグレードによる省エネ効果や機能の向上というメリットがあります。

新型給湯器は、最新のエネルギー効率基準を満たしており、ガスや電気の消費を抑えることができます。ランニングコストを抑えることで、経済的な余裕が生まれる可能性もあります。

また、最新の給湯器には、ユーザーの利便性を高めるさまざまな機能が搭載されています。追い焚き機能、給湯温度の細かい設定、タイマー機能、リモートコントロールなどがあります。
これらの特徴は、毎日の生活において心地よい利便性をもたらすでしょう。

コスト比較を行う際には、旧型給湯器の維持にかかる費用と、新型給湯器の購入費用及びランニングコストの削減効果を総合的に考慮する必要があります。旧型給湯器を使用し続けることで発生する可能性のある修理費用や、性能低下によるエネルギーの無駄遣いも考慮に入れるべきです。総合的に比較検討することで、給湯器の早期交換が経済的に合理的な選択であるかどうかを判断できます。

給湯器の交換は、単に新しい機器を設置すること以上の意味を持ちます。家計の節約、環境への配慮、そして日々の生活の快適性を保つための賢い投資となるでしょう。

適切なタイミングで給湯器を交換することは、長期的に見て家庭の経済的な負担を軽減し、生活の質を向上させるための重要なステップです。

”点検・見積もりのみ”もOK!
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

給湯器交換は長い目で見た判断を

給湯器の交換は、多くの家庭にとって大きな投資です。初期費用が高いと感じるかもしれませんが、適切な見積もりと計画により、長期的なコスト削減ができます。見積もりでは、設置タイプや機能による価格差、施工費の地域差について十分に把握しましょう。

一括見積もりサービスを利用することで、複数の業者からの見積もりを比較し、最もコストパフォーマンスの高い選択をすることができます。また、早めの交換計画と予算設定は、急な故障や高額な修理費用を避けるためにも重要です。

省エネ型給湯器への投資や、長期的なランニングコストを見積もることで、将来的な節約につながります。そして、業者の提供するアフターサービスや保証内容を比較検討することで、購入後の安心感を確保し、予期せぬ追加費用から自身を守ることができます。

ハウスラボホームは出張、お見積もりは無料です。実際に現場を見たプロによるアドバイスを聞くこともできるので給湯器の以上に気づいた際にはまずはご相談ください。

”点検・見積もりのみ”もOK!
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ