TOP > 排水管・排水口の修理サービス > 排水管・排水口お役立ちコラム > 汚水管・雑排水管つまりの正しい対処法は?原因と修理業者の選び方もご紹介
汚水管・雑排水管つまりの正しい対処法は?原因と修理業者の選び方もご紹介:イメージ

汚水管・雑排水管つまりの正しい対処法は?原因と修理業者の選び方もご紹介

更新日:2022/12/19
お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
家庭で使用した水は、基本的に汚水管や雑排水管を通り排出されます。ただ、何らかの原因によってつまりが発生し、トラブルに発展するケースも少なくありません。そこで、この記事では汚水管や雑排水管がつまりかけているときの症状やつまりを放置した場合のリスクを踏まえ、場所ごとのつまりの原因とその解消法について解説します。
目次 [非表示]

汚水管・雑排水管とはどの部分?

排泄設備は建物によっても異なりますが、汚水管は一般的にトイレ排水を流すための排水管をいいます。雑排水管はキッチン・洗面所・浴室などの排水を流すための排水管のことです。排水はこれらの汚水管や雑排水管を流れ、ゴミや固形物をためる「汚水桝」を通ります。そして、最終的に下水処理場へと到達する仕組みです。

マンションと比較すると、戸建ては汚水管や排水管に傾斜をつけにくいといわれています。その関係からつまりが発生しやすい傾向にあるため、注意が必要です。

要注意!汚水管・雑排水管がつまりかけているときの症状

汚水管や雑排水管がつまりかけている場合、排水の通り道が狭くなることで水が流れにくい状態になります。たとえ、まだ水が流れている状態であっても、水位が下がるまでに時間がかかるなどの症状が見られる場合は注意が必要です。

仮に水がスムーズに流れていても、ボコボコという異音が聞こえるケースがあります。このような異音もつまりかけのサインとなるため、変化を見逃さないようにしましょう。管の内部にゴミやヘドロなどが蓄積すると、排水が流れにくくなります。

すると、管内部に空気が抜ける隙間ができ、音が生じるようになるのです。建物の排水管は最終的には1本に集約されるようになっています。そのため、いったん流した水がほかの場所から逆流してくる場合も、管のどこかでつまりが発生している可能性が高いと言えるでしょう。

汚水管・雑排水管のつまりを放置するとどうなる?

もしも汚水管や雑排水管がつまりかけているときの症状に心当たりがある場合、それを放置することは避けたほうが無難です。つまりを放置すると一体どうなるのか、詳しく見ていきましょう。

大がかりな工事が必要になる

つまりを放置すると、場合によっては大がかりな工事が必要になるケースもあります。まだつまりかけの状態であれば、自力で問題を解消できる可能性は十分残されているでしょう。しかし、つまりをそのまま放置した場合、段々とつまりが固く大きくなり、結果として完全につまってしまう原因になり得ます。

完全につまった場合、薬剤や高圧洗浄機などを使ってもどうにもならないことが多いため、注意が必要です。このような場合、管を直接掃除するために壁や床を壊したり、重機で掘り起こしたりする必要が生じる可能性があります。

状態によっては管を交換するなど、大がかりな工事を行うことになるかもしれません。大がかりな修理が必要な場合、費用もそのぶん高額になります。また、費用だけではなく、手間や時間もかかってしまうでしょう。

損害賠償を請求されるリスクがある

つまりを放置すると水がスムーズに流れず、逆流してしまうことがあります。すると、部屋のなかに逆流した水が漏れ出てしまう可能性があるため注意が必要です。

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、壁や隙間を伝って排水が階下の部屋までしみ込んでしまうケースもあります。すると、損害賠償を請求されるなどのトラブルに発展するかもしれません。水漏れによって階下の部屋の家具・家電に被害を与えてしまい、損害賠償請求された事例も見られるため気をつけましょう。

汚水管・雑排水管つまりは火災保険が適用される?

つまりを修理する場合、内容によっては費用が高額になるケースも見られます。そこで、「火災保険を適用して負担を軽減することはできるだろうか」と考える人もいるでしょう。結論からいうと、火災保険が適用されるかどうかは、つまりの原因によっても変わってきます。

前提として、保険は突発的な事象により発生した損害をカバーするものです。したがって、管の老朽化や長年蓄積した汚れなどがつまりの原因の場合、火災保険が適用されない可能性が高いでしょう。一方、管に小物やオモチャなどを不意に落としたせいでつまりが発生したなど、「突発的」な原因であれば修理費が保険適用となる可能性があります。

また、つまりによって水漏れが起きてしまい、クロスや床がダメージを受けて交換が必要など、管以外に損害が出ている場合は、その部分の修理費用として保険が適用されるケースが多いでしょう。なお、火災保険を適用できるかどうかは特約や保険会社によっても変わってきます。気になる場合は契約する保険会社に問い合わせを行いましょう。

【場所別】汚水管・雑排水管がつまる原因と予防法

汚水管や雑排水管のつまりに対処するためには、原因を正しく把握しておくことが重要です。なぜつまりが発生してしまうのか、場所ごとのつまりの原因とその予防法について解説します。

キッチンのつまりの原因

キッチンの雑排水管がつまる最大の原因は「調理で出た油汚れ」だとされています。油分は冷えるとベトベトとした粘りのある塊になります。そして、ゴミや汚れを吸着し、管をふさいでしまう原因につながるのです。また、食べ物のカスもつまりの大きな原因です。ゴミ受けを通り抜けて管の奥に食べ物のカスが流れ込むと、ヘドロ状になったり油汚れと結合したりして、つまりが発生しやすくなります。

このようなつまりを未然に防ぐためにも、調理器具や食器、シンク内の油汚れ・食べ物のカスなどはきちんと拭き取ってから洗いましょう。

トイレのつまりの原因

トイレがつまってしまう主な原因は、トイレットペーパー・排泄物・掃除用シートなどを、一度に大量に流してしまうことが挙げられます。水に溶けるものであっても、いっぺんに流すとつまりの原因となるため注意しましょう。

また、生理用品やオムツといったもともと水に溶けないものを流したり、スマホなどをうっかり便器に落としてしまったりすることも、つまりが起きる原因となります。注意したいのが、節水のためにしている工夫が、つまりの原因になることがあるという点です。

たとえば、節水のために「小」で流したり、タンク内にペットボトルを入れたりしている家庭も多く見られます。しかし、これらの影響によって水の勢いが足りなくなり、排泄物などが十分に押し流されなくなることがあるのです。水に溶けるものだけを適量ずつ流す、流すものの種類に応じて十分な水の勢いをつけるなどの対策を行いましょう。

浴室・洗面所のつまりの原因

浴室や洗面所では抜け毛やヒゲがつまりの原因となることがあります。それ以外にも、よくあるのが洗面台で身支度をする際に固形物を落とし、管をつまらせてしまうというケースです。コンタクトレンズやヘアピンなどを落としてしまうと、つまりが発生する原因になり得ます。

また、溶け残ったシャンプー・ハンドソープなどのカスや皮脂、それをエサにする雑菌の繁殖などによって、管の内部がヘドロ状になりつまりが発生するケースもあります。こうしたつまりを回避するためには、排水口に目の細かいヘアキャッチャーをつけるなどの対策が有効です。抜け毛や固形物が流れないように工夫しましょう。

屋外のつまりの原因

自宅の汚水管や雑排水管ではなく、屋外につまりの原因があり排水が逆流してしまうケースもあります。たとえば、大量の雨が降った場合、マンホールにたくさんの土砂やゴミなどが流れ込むケースもあります。すると、排水が押し戻されてしまうのです。この場合、水が引くのを待つ、もしくは堆積物の撤去が終わるのを待つしかありません。

また、気をつけたいのが屋外に樹を植えているケースです。屋外の管の近くに樹があると、根が巻きつくなどして管の破損や歪みを招く可能性があります。隙間から根が内部に浸食し、排水が流れにくくなることもあるでしょう。屋外につまりの原因がある場合、基本的には自分では発見も対処も難しくなります。このような場合は、確かな知識と経験を持つ、専門業者に依頼すると安心でしょう。

自分でできる汚水管・雑排水管つまりの解消法4選

管がつまる原因はさまざまです。きちんと原因を突き止められれば、自分で対処できる可能性があるでしょう。自分で試せる汚水管・排水管つまりの解消法として、以下の4つを紹介します。

お湯でつまりの原因を押し流す

1つ目は「お湯でつまりの原因を押し流す」という解消法です。つまりが軽度のものである場合、約50~60℃のお湯を一気に流してつまりの原因をふやかし、水圧で押し流すことでつまりが解消する場合があります。

キッチンのつまりは、まず排水口を露出させ、そこにタオルを隙間なく詰めて栓をします。そして、シンクにたっぷりとお湯をため、タオルを一気に引き抜きましょう。トイレのつまりは、まずバケツにお湯をためます。そして、用意したお湯をできるだけ高い位置から勢いよく注ぎます。その後、1時間ほど放置してから流してみましょう。

ただし、これらの解消法を試す際は、お湯の温度に細心の注意を払う必要があります。もしも誤って熱湯を使用してしまうと、管や便器を傷めてしまうリスクが生じます。最悪の場合、破損や変形などを招くおそれがあるため、くれぐれも気をつけて作業を行いましょう。

市販のパイプクリーナーでつまりの原因を溶かす

2つ目は「市販のパイプクリーナーでつまりの原因を溶かす」という解消法です。髪の毛・食べ物・せっけんなどのカスがつまりの原因となっている場合は、市販のパイプクリーナーを使うと効果的です。強アルカリ性の薬剤がタンパク質を分解し、つまりを解消しやすくなります。

なお、トイレのつまりはパイプクリーナーの選び方に注意が必要です。トイレのつまりの主な原因としてはトイレットペーパーが挙げられますが、これは一般的なパイプクリーナーでは解消できません。この場合は、トイレ専用のパイプクリーナーを選ぶようにしましょう。パイプクリーナーの効果の強さは、基本的に粘度や主成分である水酸化ナトリウムの濃度によって変わってきます。粘度の高いものは汚れに長くとどまり、効果を得やすいといわれています。

したがって、つまりの解消を目的としている場合は、強力タイプである「濃度1%以上」のものを選ぶと良いでしょう。なお、パイプクリーナーを使う際は、酸性の薬剤と混ぜないように注意が必要です。混ぜると有毒ガスが発生してしまうおそれがあるため、使用時は十分に注意しましょう。

ラバーカップでつまりをほぐす

3つ目は「ラバーカップでつまりをほぐす」解消法です。ラバーカップとは、持ち手の先端にゴムでできたお椀型のカップがついた道具を指します。一般的には「スッポン」と呼ばれています。

つまりを解消するための手順としては、まず排水口にラバーカップを当て、持ち手を押し込みましょう。その後、ゆっくりとラバーカップを引いていくと、内部に圧力がかかります。そして、管の内部でつまりの原因が動き、つまりの解消が見込めるのです。なお、ラバーカップはつまりが発生している場所によっても使い方が少し異なります。

トイレは前述のように、そのままラバーカップを当てて押し引きすれば問題ありません。しかし、キッチンや浴室などで使用する場合は、まず排水トラップなどを外して排水口を露出させる必要があります。加えて、カップが隠れるくらいまで水をためてから、ラバーカップを押し引きすることが基本です。

なお、つまりの原因が固形物の場合は、ラバーカップを使ってもほぐすことができません。かえってラバーカップを使うことで管の奥に固形物が押し込まれて、事態が悪化してしまうおそれもあります。つまりの原因が固形物である場合、ラバーカップを使わないようにしましょう。

ワイヤーブラシで直接掃除をする

4つ目は「ワイヤーブラシで直接掃除する」解消法です。上記のパイプクリーナーやラバーカップなどを使った解消法を試しても効果がない場合、頑固な汚れがこびりついている可能性があります。この汚れを落とすため、ワイヤーブラシで掃除してみましょう。

ワイヤーブラシとは、長いワイヤーの先にブラシがついている掃除道具のことをいいます。細い管の中までしっかりとブラシが届き、汚れを直接削り落とすことができます。これにより、つまりの解消が期待できるのです。

ワイヤーブラシが自宅にない場合、ホームセンターなどで購入することができます。簡易的なものであれば100円ショップなどでも販売されており、気軽に試せるでしょう。

ただし、ワイヤーブラシを使う際は、強くこすり過ぎないことが無難です。なぜなら、長年使用して汚水管や雑排水管が劣化している場合、ワイヤーブラシで強くこすると、破損するおそれがあるためです。汚水管や雑排水管の使用状況を加味しつつ、なるべく慎重に掃除を行いましょう。

自分で解消できなければ水道修理業者へ依頼!

自分でさまざまな解消法を試しても、つまりが解消しないケースもあるでしょう。このような場合、非常に頑固な汚れがこびりついていたり、手の届かない部分でつまりが起きていたりする可能性があります。自力での対処が難しいケースについては、水道修理業者へ依頼することがおすすめです。

水道修理業者に依頼するとどのようなメリットがあり、どれくらいの費用がかかるのか、詳細をチェックしていきましょう。

水道修理業者に依頼するメリット

水道修理業者に依頼するメリットは、何といっても適切な対処を行えることです。水道修理業者は水道トラブルに関する豊富な経験・知識・技術を備えています。そのスキルや経験を生かし、一般人ではわからないつまりの原因の究明や対処を正確かつスムーズに行うことが可能です。

自力で対処する場合、誤った対処を行うと思わぬトラブルに発展する可能性もあります。集合住宅では、ほかの人に迷惑がかかってしまうリスクもあるため、自力での無理な対処は避けたほうが無難です。二次的なトラブルを未然に防ぐためにも、自力での対処に少しでも不安がある場合は、プロに任せたほうが安心でしょう。

また、水道修理業者ではスピーディーにトラブルを解消するため、業務用の強力な薬剤・機材を使用します。こうした専門的な道具を用いることによって、つまりをほぼ確実に解消できることが大きな魅力です。それに、水道修理業者に依頼すれば、自分で作業をしなくて済むため手間もかかりません。汚れた汚水管や排水管を見たり、触れたりする必要もなく安心して任せられるでしょう。

汚水管・雑排水管つまり解消の費用相場

つまりを解消するための費用は作業内容によっても大きく異なります。たとえば、高圧洗浄機による作業の場合、戸建てで1万5000円~10万円程度が費用相場となります。ワイヤーブラシによる作業であれば、1~3万円程度が目安です。薬剤を使用する作業であれば、5000円~1万円程度が費用の目安となるでしょう。

高圧洗浄やワイヤーブラシを用いて作業する場合、費用は汚水管などの長さによっても変わってきます。基本的には長ければ長いほど、追加料金が発生して高額になりやすいことを頭に入れておきましょう。

なお、賃貸物件に済んでいる場合は、まず管理会社に連絡を入れてみることも一案です。場合によっては貸主側に修理費用を負担してもらえることもあります。依頼前に状況の説明も兼ねて、相談してみると良いでしょう。

失敗しない水道修理業者の選び方

水道修理業者は数多くあり、なかには高額請求をする悪質な業者も紛れているため選び方には注意が必要です。どのように見極めをすれば良いのか、失敗しない業者選びのポイントを見ていきましょう。

水道局の指定業者か?

信頼できる業者を見極めるためには「水道局の指定業者かどうかを確認する」ことがポイントです。水道局の指定業者は、正式には「指定給水装置工事事業者」といいます。これは適正な水道工事を行う能力があることを認め、水道局が指定した業者のことです。

水道局指定業者は「費用が適切」「国家資格を持つ技術者が在籍している」「法律に従った工事を行う」といった、さまざまな特徴があります。指定業者であれば、能力が保証されているため依頼の際も安心できるでしょう。

地域の水道局のホームページに業者名が公表されているか、また指定給水装置工事事業者の証明書を持っているかなどの方法で、指定業者の確認を行えます。

見積もりの結果は妥当か?

つまりの発生している場所や作業内容によってもかかる費用は異なり、相場を把握しにくい傾向にあります。悪質な業者からの高額請求を避けるためには「見積もり書を受け取ったうえで結果が妥当か確認する」ことが重要です。その際、複数の業者から相見積もりをとることがポイントとなります。複数の業者に状況を確認してもらい、自身のケースにおける費用相場を確認しましょう。

その結果が異様に安すぎたり、高すぎたりする業者は避けたほうが無難です。なお、見積もりは無料のものもあれば、有料のものもあります。気軽に見積もりの比較や検討を行えるように、見積もり・キャンセルの料金が無料のところを選ぶと良いでしょう。

基本料金以外にどのような費用がかかるか?

業者を選ぶ際は「基本料金以外にかかる費用をチェックする」ことが重要になります。業者によっては、基本料金や作業料金だけを見積もりに記載するケースもあります。実際にはそのほかにもさまざまな費用がかかり、結果として高額な費用を請求されるケースもあるため注意が必要です。

たとえば、出張費・材料費、深夜や早朝の割り増し費用などを追加で請求する業者もあります。納得のできる業者選びをするためにも、依頼前によく費用を確認しておきましょう。見積もりの段階で費用の内訳を丁寧に説明し、トータルの料金を明示する業者であれば安心して利用できます。

つまりの原因・解消法を理解して早めに対処しよう!

毎日生活を送っているうちに、いつの間にか汚水管や雑排水管がつまってしまうケースは珍しくありません。つまりを放置すると結果的に大掛かりな工事が必要になる場合もあるため、極力早めに対処することが大切です。なお、自分でつまりを解消できない場合や急いで対処したい場合などは、プロである水道修理業者に依頼すると良いでしょう。

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ