TOP > 排水管・排水口の修理サービス > 排水管・排水口お役立ちコラム > 排水管のつまり解消にはいくらかかる?業者に依頼する場合の料金相場は?
排水管のつまり解消にはいくらかかる?業者に依頼する場合の料金相場は?:イメージ

排水管のつまり解消にはいくらかかる?業者に依頼する場合の料金相場は?

更新日:2022/12/19
お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
キッチンやお風呂、洗面所の排水の流れが悪く、排水管のつまりを解消したいが、費用はどれくらいかかるのかまずは相場を知りたいという方も多いのではないでしょうか?また、業者に依頼する場合、どのような点に気をつけて業者選びをすればよいのか知りたいという方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために、この記事では以下について解説します。ぜひ参考にしてください。
・【場所別】排水管つまりの原因
・自分でつまりを解消するときにかかる費用相場
・業者に依頼するときにかかる費用相場
・業者を選ぶ際のポイント
目次 [非表示]

【場所別】排水管つまりの原因とは?

排水管つまりの原因は発生する場所ごとに異なります。洗面所、浴室、キッチン、トイレ、洗濯機に分けて見ていきましょう。

洗面所

洗面所の排水管は経口が狭く、つまりが起こりやすい場所といえます。洗面所でつまりが発生するのは、ヘアキャッチャー、排水トラップ、排水管です。つまりの原因には、以下が挙げられます。
・髪の毛
・石鹸カスや皮脂
・ヘアピンやヘアゴム
・泥汚れや食べ物のカス

シャンプードレッサーで洗髪やブラッシング、ひげ剃りなどをすると、髪の毛や髭がヘアキャッチャーをすり抜け排水管内に流れていきます。手洗いや歯磨き、洗顔などを行ったときには、石鹸カスや皮脂などが排水管内に流れ、排水管内に付着します。そこに髪の毛や雑菌がたまると、ぬめりやヘドロと化し排水管を詰まらせる原因となります。

ときにはヘアピンやヘアゴムなどの固形物が落下して排水管内へ入り込んでしまったり、洗面台で洗濯や予備洗浄をした際に、衣類に付着している泥汚れや食べ物のカスなどが排水管内に流れ込んでしまいます。排水口の下にはS字型やP字型の排水トラップがありますが、湾曲した部分にゴミやヘドロが溜まりやすくつまりやすい構造となっています。

浴室

浴室には浴槽と洗い場に2つの排水口があり、ユニットバスの場合、床下で2つの排水が合流する構造になっています。そのため、汚れが蓄積しやすくつまりやすくなっています。
つまりの原因は、主に以下の3つが挙げられます。
・髪の毛
・石鹸カスや皮脂、垢
・ヘアゴムやおもちゃ

洗い場で体を洗ったりシャンプーをすると、抜けた髪の毛や石鹸カス、皮脂などが排水口に流れ込みます。排水口には、髪の毛や異物が流れないようヘアキャッチャーが付いていますが、こまめに掃除をしないとすぐに目詰まりをおこし、排水を妨げます。また、ヘアキャッチャーをすり抜けた髪の毛や石鹸カス、垢などがつまり排水管内部に付着し蓄積することで、つまりを引き起こしてしまうのです。

キッチン

キッチンの排水管つまりの原因となるものは主に3つあります。
・油汚れ、石鹸カス
・食べ残し、調理の際に出た食材のくず
・つまようじやスプーン、スポンジなど

使用後の調理器具や食器洗いの際に出る油汚れと石鹸カスは、つまりの原因の一つです。特に油は排水管内で冷えて固まってしまうと、食材のくずが付着しやすくなります。
輪ゴムやつまようじなどキッチン周りで使う小さなものや、スプーン、スポンジなどを誤って流してしまうと、排水管を詰まらせてしまう可能性が高くなります。

大きな固形物により排水管が完全につまってしまうと、床をはがして取り除くような大掛かりな修理になってしまうこともあります。

トイレ

トイレがつまる原因は、主に2つあります。
・大量のトイレットペーパー
・生理用品や紙おむつなどの固形物

トイレットペーパーや排泄物は、通常水を流せば問題なく流れていきます。しかし、大量のトイレットペーパーを一度に流す場合や、流す水の量が適切でない場合、完全に溶けきらずにつまってしまうことがあります。

また、生理用品や紙おむつ、ペット用トイレ(猫砂)など、水に溶けない固形物を流してしまった場合もつまりを引き起こす原因となります。ポケットの中に入れていたスマートフォンやハンカチ、子どものおもちゃなどが落ちてしまうことも考えられます。これらの固形物は水に溶けず大きいため、排水管の途中でつまってしまいます。特に、生理用品やおむつは、水を含むと膨張する性質があるため、便器に落としてしまった際は流さずに確実に取り除くことが重要です。

洗濯機

洗濯機の排水管もつまることがあります。特に節水タイプのドラム式洗濯機の場合、排水量が少ないため、排水管でつまりやすいのです。つまりの原因となるのは主に以下です。
・糸くず、髪の毛
・皮脂
・石鹸カス

また、衣類に付着している糸くずや皮脂、髪の毛をはじめ、洗剤カスも排水管に流れていきます。衣類の汚れにはタンパク質や油分が含まれています。これらの汚れに雑菌が繁殖すると、排水管にぬめりができるのです。ぬめりができると、髪の毛や糸くずなどがそのまま流れず、絡み付きたまりやすくなります。

排水管つまりを自分で解消する際にかかる費用は?

排水管つまりは、原因や症状によっては自分で解消することができます。その際にかかる費用について解説します。

薬剤を使用する場合

排水管つまりは薬剤で解消することができます。この場合の費用はホームセンターなどで購入した薬剤の料金のみです。ただし、別途、周りを養生するビニールシートや雑巾、素肌を保護するためのゴム手袋やゴーグルなどを用意する場合は、別途費用がかかります。

一口に薬剤といっても、さまざまな種類があります。液体パイプクリーナーは髪の毛や皮脂などを溶かすことが可能です。排水管内にたまっている何を溶かしたいかによって、パイプクリーナー選びをするとよいでしょう。液体パイプクリーナーには主に水酸化ナトリウムと次亜塩素酸塩が含まれています。

水酸化ナトリウムは油汚れ、次亜塩素酸塩は髪の毛を溶かすのに最適です。たとえば、油汚れを溶かしたいのであれば水酸化ナトリウムが多く含まれているものを選ぶといった具合に、溶かしたいものの濃度が濃いクリーナーを選ぶようにします。家庭用の液体パイプクリーナーは100円台から購入でき、成分や容量によって価格が異なります。大半のものは1,000円以内で購入可能です。

重曹とクエン酸を組み合わせた液体も、排水管つまりに有効です。特に排水口に近い箇所のつまりに大きな力を発揮します。ただし、重曹やクエン酸も、品質によって値段が異なります。掃除に使うものであれば、500gで200円~300円程度のもので十分対応できるでしょう。

道具を使用する場合

道具で排水管つまりを解消することもできます。必要な道具はラバーカップ、ワイヤーブラシ、真空式パイプクリーナーなどです。これらはホームセンターなどで手に入ります。

ラバーカップとは棒の先にゴムでできた半球型のカップが付いたものです。排水口にあてて、つまっているものを吸い出すのです。排水口のサイズや形状に合ったラバーカップを選びましょう。100円ショップでも販売されていますが、1,000円前後が相場です。

排水口内にたまったものを削り取る場合は、ワイヤーの先にブラシが付いたワイヤーブラシがおすすめです。ワイヤーブラシの値段は長さやブラシの材質によってさまざまで、家庭用であれば1万円も出せば購入できます。業務用になると、数万円~数十万円かかるでしょう。

真空式パイプクリーナーは、ラバーカップよりも強力な吸引力があります。クリーナーに付いているレバーを押したり引いたりすると、ゴム製のカップ内を真空状態にすることができます。そのため、より強い圧力がかけられ、つまっているものを吸い出すことができるのです。価格は1,000円~2,000円台が相場です。

業者に依頼するときの料金相場は?

自力でつまりを解消できない場合は業者に依頼することになります。次から業者に依頼するときの料金相場について解説しましょう。

洗面台の場合

洗面台の排水管つまりを業者に依頼すると、2,000円~5,000円程度の基本料金がかかります。さらに、高圧ポンプを使用した場合は2万円前後、高圧洗浄機を使用した場合は2万5,000円~3万5,000円程度の料金がかかるでしょう。

異物を取り除く場合は、どこに異物がつまっているかによって料金が変わります。排水口近くの場合はトラップを外すといった簡単な作業で済むため、基本料金が5,000円~1万円かかるぐらいです。一方、排水管の奥につまっている場合は手間がかかります。

トーラー(業者用のワイヤーブラシ)を使用した場合は1万5,000円~2万円ほど、高圧洗浄機を使用した場合は2万5,000円~3万5,000円ほどの料金がかかるのです。高圧洗浄機の場合、マンションの高層階になればなるほど料金も上がります。床下排水管清掃の場合は排水管が長くなればなるほど掃除する箇所が増えるため、高くなります。相場は3万円前後で、距離が長い場合は5万円以上かかると考えておいたほうがよいでしょう。

浴室の場合

浴室の排水管つまりを業者に依頼した場合の料金は、つまっている箇所と原因によって変わってきます。たとえば、ゴミ受けやトラップを取り外すだけでよいのであれば、基本料金4,000円~6,000円ほどと出張料金3,000円~4,000円程度だけで済みます。作業料金の相場は3,000円~1万円ほどです。

特殊な道具を使う場合は、料金は高くなると考えておいたほうがよいでしょう。たとえば、排水管の奥につまりがある場合、トーラーや高圧洗浄機を使うことになります。トーラーは1万5,000円~2万円ほど、高圧洗浄機は2万5,000円~3万5,000円ほどかかります。さらに、強力な薬剤でつまりを溶かさないとならない場合は5,000円~1万円程度かかるのです。

キッチンの場合

キッチンの排水管つまり解消の相場は8,000円~1万1,000円程度です。ただし、高圧洗浄機を使用する場合は料金が上がります。戸建ては1万5,000円~2万円ほど、マンションは3万5,000円~4万5,000円ほどです。つまりがひどいと高圧洗浄機を使う時間も長くなります。作業時間が長時間に及ぶ場合、追加料金がかかることもあるでしょう。

キッチンの排水管つまりの状況によっては、トーラーを使用することもあります。つまっている箇所までが長くなればなるほど料金は上がります。3mまでの場合は1万3,000円~1万8,000円程度です。3m以上の場合は追加料金がかかります。

トイレの場合

トイレの排水管つまりを業者に依頼した場合、つまっている箇所によって料金が変わります。たとえば、便器内であれば薬剤だけで取り除ける場合があり、手間はそれほどかからないため5,000円~8,000円程度で済みます。

薬剤だけでは難しくローポンプなどを使うことになると、追加で7,000円~1万円前後かかります。また、つまりを解消するために便器を取り外す場合は、便器の脱着料金として1万円~1万2,000円ほどの追加料金がかかるのです。

排水管がつまっている場合は、便器からつまっている箇所までの距離によって料金が変わります。つまっている状況によって、除去のために使う器具が変わります。トーラーの場合は1万5,000円~2万円程度、高圧洗浄機の場合は2万5,000円~3万5,000円程度が相場です。

洗濯機の場合

洗濯機の排水管つまりは、排水口近くに原因があることがほとんどです。薬剤でつまりが除去できる場合は基本料金と作業料金の8,000円~1万2,000円程度で済みます。薬剤だけで取れない場合は道具を使う必要があります。その場合、追加料金が発生します。たとえば、ポンプは6,000円~1万2,000円ほど、高圧洗浄機は2万5,000円~6万円程度かかるのです。

また、戸建ての場合とマンションの場合とでは、料金が変わってきます。排水口からつまっている場所まで距離が離れている場合はトーラーを使用します。この場合は、距離が長くなればなるほど料金は高くなり、相場は1万5,000円~3万円です。

業者を選ぶ際に気をつけるポイントとは?

業者に頼む際には、料金はできるだけ安いほうがよいという人も多いでしょう。しかし、いくら料金が安くても、雑な作業を行われたりぼったくり被害に遭うようでは意味がありません。最低限、以下のことに気をつけて選ぶことが大切です。

・他社と比べて異様に安すぎないか?
・事前に見積もりを提示してくれるか?
・作業について丁寧に説明してくれるか?
・利用者の口コミ・評判はどうか?
・余裕があれば相見積もりをとる

他社と比べて異様に安すぎる業者は注意が必要です。十分な研修や教育が行われておらず手抜き工事をされたり、後から高額請求をされるといったトラブルが発生しています。また、事前に見積もりを提示し内訳まで丁寧に説明してくれる業者が安心でしょう。つまりの深度や作業の内容など、利用者にわかりやすく説明してくれるかどうかもポイントです。

利用者の口コミや評判を見ることも良い業者を見極める方法の一つです。匿名で書かれた口コミサイトなどは、利用者が実在するかどうか疑わしいものも存在します。口コミや評判を見る際は、顔写真や名前付きで紹介されているものを参考にするとより信憑性があり信頼できます。

余裕があれば複数の業者に相見積もりをとって、スタッフの対応や費用を比較して、納得できる業者を選ぶようにするとよいでしょう。なお、出張料や見積もり料が有料の業者と無料の業者があります。そのあたりもホームページや問い合わせの際に確認しておくと、無駄な出費を抑えることができます。

まとめ

排水管のつまりを自分で解消する場合と、業者に依頼する場合の費用相場をご紹介しました。排水管のつまりを解消するために、できるだけお金をかけたくないと思う人は多いでしょう。しかし、いくら安くてもまたすぐにつまってしまうようでは意味がありません。何度も依頼することになれば、その分費用が嵩んでしまいます。この記事でご紹介した内容を参考に、しっかりと業者を見極めましょう。

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ