TOP > 排水管・排水口の修理サービス > 排水管・排水口お役立ちコラム > 排水管つまりをワイヤーで解消できるの? 使い方やワイヤー選びのポイント
排水管つまりをワイヤーで解消できるの? 使い方やワイヤー選びのポイント:イメージ

排水管つまりをワイヤーで解消できるの? 使い方やワイヤー選びのポイント

更新日:2022/12/19
お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
日々生活をする中で、排水管つまりが発生することがあります。排水管つまりには原因がありますが、あまり知られていないものもあります。

そこで、ここでは排水管がつまる原因と、ワイヤーを使って自分で排水管つまりを解消する方法について詳しく解説した後、ワイヤーでつまりを解消できなかったときの対処法を紹介します。
目次 [非表示]

排水管がつまる原因とは

排水管がつまる原因は、お風呂やトイレ、キッチンなど場所によって違います。また、排水管つまりの原因と同様に、解消方法も場所によって異なるため、それぞれの場所にあった適切な対処が必要です。まずは、排水管つまりの原因を場所ごとに分けて解説します。

お風呂の排水管がつまる原因

お風呂の排水管がつまる主な原因は髪の毛です。髪の毛に蓄積した皮脂や垢、石鹼やボディクリームが絡まると膜のようなものを形成して排水管をつまらせます。ほかにも排水トラップにヘアピンや詰め替えパックの切れはしなどの異物がたまって、排水を邪魔しているケースもあります。このように、お風呂の排水管つまりは知らず知らずのうちに蓄積した固形物が原因であるケースがほとんどです。

キッチンの排水管がつまる原因

キッチンの排水管つまりは、油や、野菜の皮などの食品の切れはしが主に原因です。特に動物性の脂は融点が高く、低い温度の水にさらされるとラードのように固まってしまいます。そこに食べかすが付着すると排水管つまりを引き起こします。そのほかにもビニール袋、スプーンなどの異物がつまる場合もあるでしょう。

トイレの排水管がつまる原因

トイレの排水管がつまる主な原因は、一度に大量に流したトイレットペーパーや便、おむつなどの固形物です。お子様がいる家庭の場合、お子様が落としてしまったおもちゃなどの異物でつまっていることも少なくありません。お風呂やキッチンとは違い、長年の蓄積ではなく、直前に原因となる出来事がある場合が多いのも特徴でしょう。

また、タンクなど機器の故障によってトイレの排水管がつまることもあります。固形物や異物が原因ではない場合は、機器の故障も視野に入れて業者に点検してもらうとよいでしょう。

ワイヤーブラシで排水管のつまりを解消するには

実は排水管つまりを自力で解消できる可能性があります。その第一の選択肢がワイヤーブラシです。ワイヤーブラシとは、細長いワイヤーの先にブラシがついた掃除道具で、3~5mm程度のワイヤーを軸とした細い形状が特徴の掃除用具です。

ワイヤーの柔軟性を活かして排水管の奥まで侵入し、前後に動かすことで周囲のブラシがつまりの原因を直接削ぎ落とします。お風呂の排水管など、細くて狭い場所の掃除に適していて、ホームセンターやネットショップなどで購入できるでしょう。ここではワイヤーブラシで排水管のつまりを解消する方法について紹介していきます。

ワイヤーブラシの使い方と掃除手順

ワイヤーブラシは、排水溝の奥に蓄積した汚れを直接削ぎ落とせるため、長年蓄積したお風呂やキッチンの排水管つまりで効果を発揮します。具体的な手順は以下の通りです。

【手順】
1.排水管の奥にワイヤーブラシを差し込む。
2.手の力で押し込めるところまで入れる。
3.できるだけ奥に入れ込んだら、手元のハンドルを使ってさらに奥へと入れる。
4.先端でつまりの原因を削るようにして落とす。
5.汚れが削れてひっかかりがなくなったら水で洗い流す。

ワイヤーを入れ込むとき、なぜか奥まで押し込みにくいことがあります。これは排水管の奥にある排水トラップに引っかかっている場合があります。なかなか奥まで押し込めないときは、排水トラップのS字を横にしたような構造をイメージし、先端を折り曲げたり、回転させたりすることで、うまく奥に入れ込むように工夫してみてください。

ただし、つまりの原因が過度に大きい固形物であったり、削り落とせないほど固すぎたりする場合は、ワイヤーブラシで解消できない場合があります。そんなときはプロの業者に依頼して、高圧洗浄などを行ってもらう方法がおすすめです。

お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

ワイヤーブラシ以外で排水管がつまった場合の解消法

ここからは、ワイヤーブラシ以外でつまりを解消する方法をいくつか紹介します。原因に合わせた解消法を選びましょう。

液体のパイプクリーナーでつまりを解消する

ワイヤーを使わない場合、液体のパイプクリーナーを使ってつまりを解消することもできます。強力な薬剤で、髪の毛や油などの原因を溶かします。ここからはコツや注意点と合わせて、パイプクリーナーの使い方を紹介します。

【手順】
1.カバーやヘアキャッチャーなどの部品を外す。
2.規定量の薬剤を注ぐ。
3.パッケージに記載されている時間放置し、汚れが溶けるまで待つ。
4.勢いよく水を流して、薬剤と汚れを洗い流す。

薬剤は刺激が強く、直接肌に触れると肌荒れを起こす恐れがあります。そのため、使用前には必ずゴム手袋を着用し、できるだけマスクやメガネなどの口や皮膚、目を保護してくれる製品を装着して作業をするようにしましょう。

また、蒸発したパイプクリーナーを吸い込むと気分が悪くなる場合もあるので、窓を開けて空気の入れ替えを心がけてください。薬剤を注ぐ際は、排水管の内側に垂らすようにすると汚れが落ちやすくなります。

一方で、薬剤をかけた後は長時間放置しないように注意が必要です。規定の時間を大幅に超えて放置してしまうと汚れがさらに固くなり、状態が悪化することがあります。必ずパッケージに記載された使用方法をよく読みましょう。液体のパイプクリーナーは、ドラッグストアや100均に置いてあるためとても入手しやすく、手頃な価格で買えるメリットがあります。安価で入手もしやすいパイプクリーナーを試してみてもよいでしょう。

重曹とクエン酸つまりを解消する

重曹とクエン酸を使って排水管つまりを解消する方法もあります。これは溶剤によってつまりの原因を溶かすのではなく、重曹とクエン酸が中和反応を起こしたときに生じる炭酸ガスによって排水管のヌメリやカビ、石鹼カスなどの汚れを剥がす方法です。この解消法はお風呂のつまりや、軽度のつまりに効果的です。ここでは重曹とクエン酸を使用する手順を紹介します。

【手順】
1.排水口から重曹を振りかける。
2.重曹と同様に、クエン酸の粉を振りかける。
3.重曹とクエン酸をかけたら、少しずつ30~40度程度のぬるま湯を排水管に流し込む。
4.重曹とクエン酸が中和反応を起こすことによって炭酸ガスの泡が出てきたら、1時間ほど待つ。
5.排水管に50度程度のお湯を流し、残った泡と汚れを落とす。

重曹とクエン酸で排水管のつまりを解消するときは、排水口の表面部分を覆うほど粉を振りかけるのがコツです。重曹とクエン酸を使ってつまりを解消する方法のメリットは、なんといっても安価かつ安全に作業できることでしょう。重曹もクエン酸も100均やスーパーなどで入手でき、クエン酸はお酢で代用することも可能です。

ラバーカップ(すっぽん)でつまりを解消する

排水管のつまりを解消には、ラバーカップ(すっぽん)も有効です。ラバーカップで排水口に圧力をかけることで、つまりを引き上げます。ラバーカップはよくトイレの排水管つまりの解消に使われますが、実はお風呂やキッチン、洗面所でも使える方法です。

【手順】
1.周辺に汚水がかからないように、便器や床をビニールシートや新聞紙で覆う。
2.ラバーカップを排水溝に向かってゆっくり押し込み、勢いよく引き上げる。
3.通常通り排水されるようになるまで数回繰り返す。
4.つまりが取れたらバケツでゆっくりと水を流し込む。

ラバーカップでトイレのつまりを解消するときは、水位に注意が必要です。便器内の水位が高い状態でラバーカップを使用すると汚水があふれ出てしまう可能性があるため、ひしゃくや新品の灯油用ポンプなどを使って便器の表面から10cm程度水位が低くなるように調節します。反対に水位が低すぎる場合もラバーカップが効果を発揮できないため、バケツなどで水を足してから作業を開始するとよいでしょう。

ラバーカップはとても吸引力が強く、手早くつまりを解消できるメリットがあります。この力を最大限発揮するためには、ラバーカップを真上から当てて押し込むのがコツです。自宅にラバーカップがある場合は、一度試してみるといいでしょう。

排水管つまりを業者に依頼する場合の相場価格

排水管つまりを業者に依頼する際の相場価格は、お風呂で5,000円~20,000円、キッチンで5,000円~40,000円、トイレで8,000円~30,000円です。価格に開きがある理由は、つまりの状況や対応の内容によって作業の負担が大きく変わるためです。簡単な作業でつまりが解消する場合は10,000円以下の価格で対応してもらえることもありますが、つまりがひどく高圧洗浄が必要な場合は10,000~50,000円もの料金がかかることもあります。

実際にかかる費用は業者に現場を確認してもらうまでわからないため、まずは状態を確認してもらい、正確な見積もりを出してもらうことをおすすめします。

お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

ハウスラボがおすすめの理由

ここまで自分でつまりを解消する方法を紹介しましたが、どうしても解決できない場合や、つまりが深刻な場合は、やはりプロの業者に作業を依頼する必要が出てきます。数ある業者の中でも、お風呂やキッチン、トイレの排水管つまりなど、水のトラブルであれば、ハウスラボがおすすめです。

ハウスラボは24時間依頼を受け付けていて、困ったときはいつでも対応してくれます。また、「依頼すると高額な費用がかかるので?」と心配している方でも安心できるように、ハウスラボは必ず事前に見積もりを出してから作業を開始します。そのため、料金が見積もりと違うといったトラブルが起きません。

手早くつまりを解消する作業を済ませてくれますし、自分で扱うことの難しい高圧洗浄機やトーラーなどの本格的な道具を使って対処をしてもらえるのはハウスラボならではの魅力でしょう。

まとめ

排水管のつまりの主な原因は、お風呂では髪の毛、キッチンでは野菜の皮などの固形物や油、トイレでは大量のトイレットペーパーです。こうした排水管のつまりは、ワイヤーブラシを使用して解消できるかもしれません。ワイヤーブラシでつまりを解消できない場合は、その場所と原因に合わせて薬剤や重曹とクエン酸を使う方法を試したり、ラバーカップを使用したりするとよいでしょう。

それでもつまりを解消できなかった場合は、早く悩みを解決するためにも、ハウスラボなどのプロの業者に依頼することをおすすめします。

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ