TOP > 給湯器の修理サービス > 給湯器お役立ちコラム > ガス給湯器交換の費用相場は?価格を安く抑えるコツや高くなるケースも解説
ガス給湯器交換の費用相場は?価格を安く抑えるコツや高くなるケースも解説:イメージ

ガス給湯器交換の費用相場は?価格を安く抑えるコツや高くなるケースも解説

更新日:2023/12/04
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
ガス給湯器交換を検討している場合、「費用はいくらかかるのか?」が気になるのではないでしょうか。また、ガス給湯器交換にかかる費用も「できれば安く抑えたい」という方も多いはずです。
ガス給湯器交換にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。この記事ではガス給湯器交換の費用相場や、価格を安く抑えるコツ、高くなってしまうケースなどを徹底解説します。
ガス給湯器交換に迷っている方向けに交換すべきケースなども解説しますので、ガス給湯器交換で「費用は?」「そもそも交換すべき?」と悩んでいる方はぜひ参考にしていただければと思います。
目次 [非表示]

ガス給湯器交換の費用相場はいくら?

給湯器の交換費用の相場は工事費用込みで5万円~23万円ほどになっています。
ただし、交換する給湯器の機能・価格などによって費用相場が変動するため注意が必要です。交換する給湯器のタイプごとに工事費込みの費用相場を順番に説明します。

ガス給湯器交換の費用相場

ガス給湯器交換の工事費込みの費用相場は5万円~23万円です。

ガス給湯専用の機器に交換する場合の費用相場は5万円~7万円になっています。ただ、ガス給湯器に追い炊き機能が付いているオートタイプだと費用相場が上がり、9万円~13万円が工事費込みの相場価格になっています。ガス給湯器に追い炊き機能が付いており、さらに暖房機能が付いているタイプだと、15万円~23万円が費用相場です。

ガス給湯器でも機能・タイプによって費用相場が変わってくるため注意してください。ガス給湯器の費用が不安なときは業者から見積もりを取ることをおすすめします。

石油給湯器交換の費用相場

灯油を使うタイプの給湯器も機能などにより工事費用・機器の価格が違ってきます。したがって、給湯器の交換費用が不安なときはガス給湯器交換と同様に業者に見積もりをお願いした方が良いでしょう。

石油給湯器の交換費用相場は5万円~20万円です。
給湯のみのタイプだと機器の価格と工事費で5万円~7万円が費用相場になっています。石油給湯器に追い炊き機能が付いていると費用相場は上がり、9万円~13万円ほどが相場です

さらに暖房機能が付いている機器の場合は工事費と機器の価格込みで15万円~20万円が費用相場になっています。

電気給湯器交換の費用相場

電気給湯器の交換費用は5万円~23万円が工事費込みの費用相場です。
電気給湯器のみのタイプだと費用相場は5万円~7万円になっています。電気給湯器に追い炊き機能が付いている場合の費用相場は9万円~13万円です。さらに保温や足し湯の機能がついていると費用相場は15万円~23万円になります。

ガス給湯器交換と同じく機器の機能などで工事費込みの価格が変わってくるため、業者から見積もりを取ることをおすすめします。

”点検・見積もりのみ”もOK!
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

ガス給湯器交換の費用相場は戸建て・マンションでも違う

給湯器はガスや電気など機器のタイプ・機能によっても費用相場が違ってきますが、取り付け場所や住宅タイプなどによっても費用相場が変わってくるのが特徴です。
戸建て住宅とマンションのガス給湯器交換の費用相場について説明します。

戸建て住宅のガス給湯器交換の費用相場

戸建て住宅のガス給湯器交換の費用相場は7万円~32万円です。

戸建て住宅のガス給湯器交換の費用相場はガス給湯器の性能や型式などによっても変わってきます。たとえば、最新の機種は価格が高くなっており、型式のやや古いタイプは価格が下がる傾向にあります。

戸建て住宅用の型式の新しいタイプのガス給湯器は工事費込みの費用相場が高くなる傾向にあるため注意してください。

マンション・アパートのガス給湯器交換の費用相場

マンションやアパートのガス給湯器交換の費用相場は12万円~29万円前後です。
マンションやアパートのガス給湯器交換の費用相場も戸建て住宅と同じで型式の新・旧などで費用相場も変動します。

ガス給湯器交換の費用を安く抑えるためのコツは?

ガス給湯器交換の費用がいくらかかるかに関わらず、「費用を安く抑えたい」という方は少なくありません。ガス給湯器交換の費用を安く抑えることにはコツがあります。
ガス給湯器交換の費用を安く抑えたいときのコツは4つです。

ガス給湯器交換の費用を安く抑えたいときのコツ
  • ガス給湯器の費用は同じタイプ同士で比較する
  • ガス給湯器のみネットなどで購入するのも視野に入れる
  • 費用は工事費込みでチェックする
  • 見積もりに何が含まれているかチェックする
  • 自治体の補助金を活用する

ガス給湯器交換の費用は同じタイプの給湯器で比較する

ガス給湯器の交換費用は今使っている給湯器タイプと比較することが費用を抑えるコツです。
たとえば、ガス給湯器の追い炊き機能が付いているタイプを使っているとします。このようなケースでは同じく追い炊き機能が付いているタイプと比較すべきです。

追い炊き機能が付いているタイプと付いていないタイプを比較すると、基本的に機能が付いているタイプの方が費用相場は高くなっています。機能が付いていないタイプのガス給湯器の費用相場と比較しても費用相場がずれてくるどころか、かえって高い買い物をしてしまう可能性すらあります。

ガス給湯器交換で費用を安く抑えたいなら「同じタイプで費用を比較して選ぶ」ことが重要です。

ガス給湯器のみネットなど価格の安いところで購入するのも視野に入れる

ガス給湯器は量販店・大手通販会社のネット販売で安く購入できる可能性があります。同じ機器を購入する場合に店頭よりネット通販の方が安価で購入できるなら、ネットで機器を購入して取り付けだけ業者に依頼することも方法のひとつです。機器を安く買える分、総合的な費用を安く抑えることが可能です。

ただし、ネット通販サイトの中には悪徳業者が商品を販売しているサイトもあるため注意してください。信頼できるサイトなのか、販売業者も信頼できるのかなどをよくチェックして購入しましょう。

ガス給湯器交換の費用は工事費込みで確認する

ガス給湯器交換の費用を安く抑えたいときは工事費込みで比較・チェックすることがポイントになります。
たとえば、20万円のガス給湯器があったとします。A業者は20万円と価格表示していましたが、B業者は22万円という価格表示でした。一見するとA業者の方が費用を安く抑えられそうですが、必ずしもそうとは限りません。

A業者はガス給湯器のみの価格で、B業者はガス給湯器を設置する工事費込みの価格でした。このようなケースではA業者の方が費用を抑えられるとは言い切れません。A業者にも工事費込みの価格を確認し、その上でガス給湯器交換の費用を比較する必要があります。

仮にA業者のガス給湯器交換の施工費用が3万円だったら、B業者と比較するとB業者の方が費用を抑えられる計算になります。ガス給湯器交換の費用は設置工事費のみで考え、業者比較をすることが重要です。

業者の見積もりに含まれる費用・内容も確認する

ガス給湯器交換の費用は工事費込みで考えて比較することも重要ですが、見積もりを取ったときに同内容で比較することも大切になります。
A業者から見積もりを取ったときに費用が22万円でした。B業者の見積もりも22万円でした。A業者とB業者のガス給湯器交換の費用は同じです。ただ、ほぼ価格の変わらない見積もりでも、詳細を確認すると費用が同じではないことが少なくありません。

A業者はオプション料金も含まれて22万円で、B業者はオプション料金を含まず22万円でした。このように似た金額の見積もりでも内訳が異なっていることがあります。見積もりは内訳まで確認し、不要な費用を省くことが安くするコツです。

費用を抑えたいときはガス給湯器交換の補助金なども活用する

ガス給湯器交換には自治体などの補助金が使える可能性があります。各自治体によって補助金などの制度内容・条件は違っているため、お住まいの自治体の補助金・制度について確認してみてください。

ガス給湯器交換の費用について自治体などから補助してもらえれば、その分だけ費用を安く抑えることが可能です。

”点検・見積もりのみ”もOK!
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

ガス給湯器交換の費用が高くなってしまうケースは?

ガス給湯器交換の際は費用が高くなってしまうケースがあります。ガス給湯器の費用を安く抑えたいなら、ガス給湯器交換の費用が高くなってしまうケースを避けることも重要です。
以下のようなケースではガス給湯器交換の費用が高くなる傾向にあります。

ガス給湯器交換の費用が高くなるケース
  • 交換するガス給湯器をグレードアップして交換する
  • ガス給湯器交換の際に設置場所を変更する
  • ガス給湯器の設置難易度が高い
  • オプションを追加してガス給湯器交換する

交換するガス給湯器をグレードアップして交換するケース

ガス給湯器交換の際に機器をグレードアップして交換する場合は費用が高くなってしまう可能性があります。

ガス給湯器に追い炊き機能が付いていない場合、付いている機器にアップグレードして交換すると費用相場はその分だけ高くなってしまうのです。この他に、ガス給湯器交換でかなり前に出た旧型を新型にアップグレードして交換する場合などは、費用が高くなってしまうことが可能性があります。

ガス給湯器交換の際に設置場所を変更するケース

ガス給湯器交換の際に設置場所を変更すると費用が高くなるケースがあります。

今までずっとガス給湯器を同じ箇所に設置してましたが、戸建て住宅の間取りなどを考えて設置箇所を変えることにしました。このようなケースでは別途工事費・設備費などが必要になる可能性があるため、ガス給湯器交換だけでも費用がかなり高くなってしまうことがあります。

ガス給湯器交換の際に設置場所を変える場合は、交換で取り付ける場所や費用について業者にアドバイスを受けることをおすすめします。

ガス給湯器の設置難易度が高いケース

ガス給湯器交換時に設置難易度が高いと費用が高くなってしまうことがあります。

ガス給湯器の設置場所が高所や狭い場所などは、業者であってもガス給湯器の設置が大変なことも少なくありません。そのため、ガス給湯器の設置難易度が高くなるケースは費用が高くなることがあります。

ガス給湯器交換の業者によっては設置難易度が上がる場合、つまり費用が上がる場合は教えてくれますので、交換についてのアドバイスを求めても良いでしょう。

オプションを追加してガス給湯器交換するケース

ガス給湯器交換の際にオプションを追加すると費用が高くなるケースがあります。

たとえば周辺の機器なども一緒に交換する場合や一部の部品を交換する場合などは費用が高くなってしまうことが少なくないのです。ガス給湯器交換のときに周辺の機器の交換・設備の工事などを一緒に行う場合は、あらためて業者から見積もりを取ってよく検討することが重要になります。

費用でガス給湯器交換を迷っているなら!交換すべきケースは?

ガス給湯器の調子が悪いときは「交換するべきか?」「それとも修理すべきか?」で悩むことがあります。また、費用のこともあったガス給湯器交換をためらうことも少なくありません。
ガス給湯器交換で迷っているなら、次のようなケースでは交換をおすすめします。

ガス給湯器交換した方が良いケースは機器が古いケースなど

ガス給湯器の調子が悪く交換で迷っているなら、機器の古さも参考に検討することをおすすめします。

ガス給湯器の基本的な使用期間は10年です。10年に近い年数使っているガス給湯器は不調が出やすくなり、修理してもいずれ交換の必要が出てしまいます。そのため、ガス給湯器交換で悩んだら、ガス給湯器が製造されて何年経っているか、どのくらいの年数使っているかなどを判断基準にすると良いでしょう。

ガス給湯器が製造から8年~10年経っているなら、交換した方が良いケースです。

機器の機能が正常に作動しない場合もガス給湯器交換した方が良い

ガス給湯器の機能が正常に作動しない場合も交換を検討してください。

たとえば、ガス給湯器の温度が正常に機能せず、お湯が出たり水が出たりと、温度が安定しないときは交換を検討した方が良いでしょう。この他に、使い方は間違えていないのにお湯が出ない場合や変な音がする場合、異臭がする場合など機能に異常をきたしている場合などはガス給湯器を交換した方が良いケースです。

ガス給湯器交換費用より修理費用が高額の場合も交換したいケース

ガス給湯器を修理しようと思って見積もりを取ってみました。すると、まとまった金額になることが分かりました。試しにガス給湯器交換で見積もりを取ると、修理よりも費用を抑えられることが分かりました。このようなケースもガス給湯器交換をおすすめします。

ガス給湯器交換ではなく修理で対応した方が良いケースもある

ガス給湯器交換を検討していても、中には修理で対応した方が良いケースもあります。ガス給湯器の交換ではなく修理を検討したいのは次のような場合です。

修理で対応した方が良いケース
  • ガス給湯器を購入・交換して間もない
  • 賃貸物件でガス給湯器を使っている

ガス給湯器を購入してから間もないケースでは交換より修理の方が良い可能性があります。
ガス給湯器交換・購入から間もないときは保証期間内のことも多く、無料保証などで対処できれば費用を抑えることが可能です。ガス給湯器交換・購入の際の保証期間については業者に確認しておきましょう。

賃貸物件でも修理の方が良い可能性があります。賃貸物件の管理会社などに連絡すると無料でガス給湯器交換・修理を受けられるケースもあります。賃貸物件のガス給湯器故障では、まずは管理会社などに問い合わせてみましょう。

ガス給湯器交換を依頼する業者選びのポイントとは?

ガス給湯器交換を依頼する際はどのような業者を選べばいいのでしょうか。
ガス給湯器交換の業者選びは次のようなポイントがあります。

ガス給湯器交換を依頼する業者選びのポイント
  • ガス給湯器交換に費用や見積もりの内容が明瞭である
  • ガス給湯器交換についての説明が分かりやすい
  • ガス給湯器交換について「修理した方が良い」「交換した方が良い」などのアドバイスを受けられる

ガス給湯器交換の費用や見積もりの内容が分かりやすくないとトラブルの元になります。また、業者の説明についても分かりやすくないと、やはりトラブルの元になってしまうことがあります。ガス給湯器交換の費用・見積もり・説明が分かりやすい業者を選ぶことがポイントです。

また、ガス給湯器交換の際は、個人ではよく分からないこともあります。修理をした方が良いのか、交換した方が良いのか判断が難しいケースもあることでしょう。このようなときに専門的な視点でアドバイスしてくれる専門業者を選ぶと安心です。

”点検・見積もりのみ”もOK!
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます

まずは見積もりを取得

ガス給湯器交換の費用相場は交換する機器の価格や工事費用によって変わってきます。相場金額はありますが、機器の価格によって相場費用に収まらないケースも考えられます。

ガス給湯器交換の費用相場が不安なときは相場を参考にすることも重要ですが、まずは業者から見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。
ハウスラボホームを含め多くの専門業者は無料で見積もりをしてくれます。その場を見ることで初めてわかる不具合もあるため一度業者に連絡をしてみてください。

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ