TOP > 給湯器の修理サービス > 給湯器お役立ちコラム > ガス給湯器交換は自分でできる?自分でできる範囲と専門家が必要なケース
ガス給湯器交換は自分でできる?自分でできる範囲と専門家が必要なケース:イメージ

ガス給湯器交換は自分でできる?自分でできる範囲と専門家が必要なケース

更新日:2023/12/04
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
ガス給湯器は、毎日の生活に欠かせない重要な役割を果たしています。しかし、給湯器が故障したとき、多くの家庭で直面するのが「交換を自分で行うか、専門業者に依頼するか」という問題です。

DIYでの交換は初期費用を抑えることができるかもしれませんが、ガス機器の取り扱いには資格が必要になります。この記事では、ガス給湯器の交換において自分で行う方法と専門業者に依頼する方法の両方を検討し、それぞれのメリット、デメリット、費用、そして安全性について詳しく解説します。
目次 [非表示]

ガス給湯器の交換は自分でもできる?

ガス給湯器の交換は 専門的な資格が必要になるため、基本的に素人が勝手にDIYで交換をしてはいけません。実際にDIYで行ったという方もいますが、無資格での作業はガス漏れを引き起こしたり、 一酸化炭素中毒や火災の原因になったりする恐れがあります。

給湯器の設置だけであれば可能です。しかし、現在つながっている配管を外す行為は資格が必要な範囲となるため、ガス給湯器交換業者に、どのような作業を素人が行ってはいけないのか事前に確認を取るようにしてください。

公共の設備や会社などで無資格工事が発覚した場合、罰則を受けることにもなるため、ガス給湯器の交換はDIYで行わないようにしましょう。

DIYで給湯器交換を行う危険性

給湯器の交換は、家庭内の快適さを保つために重要な作業です。しかし、この作業をDIYで行う際には、多くの危険性が潜んでいます。特にガス給湯器の場合、ガス漏れや水漏れ、火災などのリスクがあります。

ガス漏れは重大な事故につながる可能性があるため、作業を始める前にはガスの元栓を絶対に閉めなければなりません。また、ガス給湯器には電気を使用する部品も含まれているため、感電を避けるためにもブレーカーや電源を切りましょう。

水漏れによる家財への損害やカビの発生を防ぐためには、配管の接続を正しく行い、作業後は漏れがないかを必ず確認が必要です。基本的な安全対策を怠ると、自身だけでなく家族にまで危険を及ぼしてしまいます。

事故防止のためのチェックリスト

給湯器の設置やメンテナンスを行うためには、計画的かつ慎重な作業が必要です。以下に挙げるチェックリストは、安全な作業を行うための基本的なガイドラインになります。

安全な作業を行うための基本的なガイドライン
  1. 作業前の準備
  2. ガスと電気の安全確認
  3. 適切な保護具の着用
  4. 作業中の換気
  5. 接続部分の漏れチェック

まず、作業前の準備が重要です。設置に必要な作業手順については事前にしっかりと確認し理解しておかなければなりません。これには、新しい給湯器の取扱説明書を読むことや、必要に応じて専門家のアドバイスを求めることも含まれます。

次に、ガスと電気の安全確認が極めて重要です。ガス給湯器を扱う際には、ガスの元栓を閉めることでガス漏れのリスクを排除します。また、電気を使用する給湯器の場合は、感電防止のためにブレーカーを落とすことが必須です。

適切な保護具の着用も安全作業のためには欠かせません。絶縁のためのゴム手袋や保護メガネを着用することで、感電や飛散物による怪我から身を守れます。また、ガス給湯器を扱っていて、ガス漏れを起こしてしまった際には慌てず対処する必要があります。ガスが室内に充満することを防ぐためにも、作業中は窓を開けるなどして常に換気することが大切です。

最後に、作業が完了した後は、接続部分の漏れチェックを忘れずに行ってください。ガスや水の接続部分に石鹸水を塗り、泡が出るかどうかを確認することで、漏れがないかを視覚的にチェックできます。

ガス給湯器トラブル時の対処法

ガス給湯器を使っていて、予期せぬトラブルがいつ発生するかはわかりません。トラブルに直面したとき、迅速かつ冷静な対応が必要となります。主なトラブルとその対処法については以下のとおりです。

ガス漏れが疑われる場合

ガス漏れは最も危険なトラブルのひとつです。もしガスの臭いがする場合や、接続部分からのガス漏れが疑われる場合は、直ちに以下の手順を踏んでください。

ガス漏れが疑われる場合の対処手順
  1. 速やかにガスの元栓を閉めてガスの供給を停止する
  2. 室内の換気を行い、ガスが充満しないように窓やドアを開ける
  3. 火を使うことは厳禁。たとえ小さな火花でも引火の原因となり得る
  4. 専門業者に連絡し、専門の技術者による対応を依頼する

水漏れが発生した場合

水漏れは、家財への損害やカビの発生につながる可能性があります。水漏れを発見した場合は、以下の対処を行います。

水漏れした場合の対処手順
  1. 主水栓を閉めて、水の流れを止める
  2. 漏れの原因を特定し、修理が簡単にできる場合はDIYで対応する
  3. 資格が必要な場合や原因が特定できない場合は、専門業者に依頼する

電気関連のトラブル

電気を使用する給湯器の場合、感電のリスクがあります。電気関連のトラブルが発生した場合は、以下のように対応してください。

電気関連のトラブルの対処手順
  1. 自分での対処は避け、直ちに電源を切る
  2. 専門業者に連絡し、技術者による対応を依頼する

ガス給湯器のトラブルで個人で対応できない状況に陥った場合は、専門業者に依頼するようにしましょう。無謀な工事をすることなく、安全を第一に考えてください。

ガス給湯器交換にかかる費用

給湯器の交換は、家庭内の快適さを維持するために重要な作業です。しかし、自分で行うか、専門の業者に依頼するかは、費用だけでなく時間や安全性を考慮する必要があります。

ここでは、自分で給湯器を交換する場合と業者に依頼した場合の費用を比較し、時間や安全性にどのように影響するかを検討します。

給湯器にかかる費用

市場にはさまざまな給湯器があり、その価格は数万円から数十万円までと幅広くなります。また、特定の工具や接続部品が必要になる場合もあり、これらの費用も考慮しなければなりません。

給湯器交換に使う工具は一般の人でも購入できるものばかりです。しかし、給湯器の設置や交換には資格が必要であり、間違った取り付けはガス漏れや水漏れなどのリスクを高める可能性があります。また、保証の問題もあり、自分で交換した場合は製品の保証が受けられない、または保証期間が短くなることも忘れないでください。

ガス給湯器交換業者の費用

ガス給湯器交換業者に給湯器の交換を依頼する際の費用は、給湯器本体の価格に加えて、取付工事費用も支払わなければなりません。工事費用は地域や業者によって異なりますが、一般的には数万円から10万円程度が相場です。この費用には、適切な工具の使用、安全な作業の実施、そして作業後の保証が含まれています。

業者に依頼する最大の利点は、作業の安全性と保証です。専門業者は適切な資格を持ち、給湯器の取り付けに関する豊富な経験を有しているため、事故のリスクを最小限に抑えられるでしょう。また、工事に関する保証が提供されるため、後々のトラブルにも対応してもらえます。

費用と時間、安全性は両立しない

給湯器の交換において、ガス給湯器交換業者に依頼する費用は安くありませんが、交換にかかる作業時間は短縮され、安全性が保証されます。ガス給湯器の修理が素人で行える範囲でない限りは、専門業者に依頼しましょう。安全で快適な生活環境を維持するためには、経済的なコストよりも安全性を優先することが大切です。

ガス給湯器交換はどういう業者に頼むべきか

ガス給湯器の交換は、家の快適性と安全性に直結する重要な作業です。適切な業者を選ぶことは、作業の品質を保証し、将来的なトラブルを避けるためにも妥協できません。ここでは、業者選びのポイント、信頼できる業者の見つけ方、契約時の注意点について詳しく解説します。

業者選びのポイント

ガス給湯器の交換を依頼する際の業者選びでは、以下のポイントを考慮することが重要です。

業者選びのポイント
  • 資格と経験
  • 評判と実績
  • 保証とアフターサービス

給湯器の交換は専門的な技術を要するため、適切な資格を持つ技術者がいる業者を選ぶべきです。長年の経験を持つ業者は、さまざまな状況に対応できるノウハウを有しています。また、口コミやオンラインのレビューを参考にし、実際にその業者が提供したサービスの質を確認しましょう。

過去の実績や施工例をチェックすることも有効です。加えて交換後の保証期間や、万が一のトラブルに対するアフターサービスの内容の確認も忘れずにしてください。信頼できる業者は、適切な保証を提供しています。

信頼できる業者の見つけ方

信頼できる業者を見つけるためには、以下の方法が効果的です。

信頼できる業者の見つけ方
  • 知人からの推薦
  • 専門団体のリスト
  • 口コミや評判などをネット検索

友人や家族、近隣住民からの推薦は非常に価値があります。実際に良いサービスを受けたという証言は、業者選びの大きな手がかりです。また、ガス給湯器の取り扱いに関する専門団体や業界団体が提供する専門業者リストを参照することも、信頼できる業者を見つける際に役立つでしょう。

できればインターネット上の評価サイトやフォーラム、SNSでの評判もチェックし、業者の信頼性を確認するとより効果的です。

業者との契約時の注意点

給湯器の交換を業者に依頼する際、契約はその作業の成功を左右する重要なステップです。適切な業者との契約は、後々のトラブルを避け、安心して作業を任せるための手段になります。

中には、ガス給湯器の交換をする資格を持っていないにも関わらず依頼を受けるような業者もいるので、契約書の内容と資格の有無の確認は必ず行うようにしてください。契約内容にわからないところがあれば必ず確認し、説明に不明瞭な点がある場合は違う業者を探した方がいいでしょう。

見積もりの確認

業者から提示された見積もりは、交換作業にかかる費用の全体像を把握するための基本的な情報です。見積もりには、給湯器本体の価格、取付費用、追加で必要になるかもしれない部品や材料の費用が含まれている必要があります。

提示された見積もりを細かく確認し、すべての項目が明確に記載されていることを確かめましょう。もし、不明瞭な費用が含まれている場合や、予想外の追加費用が発生する可能性がある場合は、契約前に業者へ必ず確認するようにしてください。

契約内容の確認

契約書は、双方の合意に基づく作業の範囲と条件を定める法的な文書です。契約書には、具体的な作業内容、総費用、作業を行う日時、そして作業後の保証に関する詳細が書かれていなければなりません。

また、作業の範囲には、古い給湯器の撤去や廃棄に関する項目も含まれることがあります。契約書を慎重に読み、すべての項目が自分の理解と一致していることを確認しましょう。もし不明な点や疑問がある場合は、契約にサインする前に業者に質問し、納得のいく回答を得ることが重要です。

キャンセルポリシー

予期せぬ事態が発生し、契約をキャンセルしたり、作業日を変更したりする必要が生じることがあります。そのような場合に備えて、契約書にはキャンセルポリシーが明記されていることを確認しましょう。

キャンセルや変更に伴う費用、期限、手続きの詳細を理解し、余計な費用が発生しないようにご注意ください。また、キャンセルに関する条件が厳しい場合は、そのリスクを考慮して契約を進めるかどうかを検討する必要があります。

キャンセル時のことについて説明や記載がない場合はしっかりと確認し、キャンセル費が必要になる場合は、日程に余裕を持てるように依頼しましょう。

給湯器交換後のメンテナンス

給湯器は日々の生活に欠かせない設備であり、交換後の適切なメンテナンスはその性能を維持し、長期にわたって安全に使用するために非常に重要です。ここでは、給湯器の定期的な点検と清掃の重要性、さらに省エネと長寿命化を実現するためのコツについて解説します。

定期的な点検と清掃の重要性

給湯器の定期的な点検と清掃は、機器の効率的な運転と安全性を確保するために不可欠です。点検では、ガスの燃焼状態、水漏れ、腐食、絶縁状態などをチェックし、異常があれば早期に対処しましょう。

清掃によって、燃焼器の汚れや水垢を取り除き、熱効率を高めることが可能です。また、給湯器のフィルターや排気口の詰まりを防ぐことで、ガス漏れや一酸化炭素中毒のリスクを減らせます。

異常が見られた場合は直ちに給湯器メーカーやガス会社などに連絡し、点検や修理を行ってもらうようにしてください。

省エネと長寿命化のためのコツ

給湯器の省エネ運転と長寿命化には、以下のコツが有効です。

省エネと長寿命化のためのコツ
  • 適切な温度設定
  • 断熱材の活用
  • 定期的な設定の見直し
  • 専門業者による定期点検

給湯器の温度設定は、使用する環境や季節に応じて適切に調整しましょう。無駄な高温設定はエネルギーの浪費につながります。給湯器自体や配管に断熱材を使用すると、熱損失を防ぎ、エネルギー効率を向上することも可能です。

季節の変わり目や使用パターンの変化に合わせて、給湯器の設定を見直すようにしましょう。専門業者による定期的な点検を受けると、給湯器の小さな問題を見逃さず、大きなトラブルに発展する前に対処できます。

給湯器の適切なメンテナンスは、快適な生活を支えるだけでなく、エネルギーの節約と環境保護にも効果的です。定期的な点検と清掃、省エネのための適切な運用を心がけることで、給湯器を長く、安全に使用できるようになるでしょう。

まとめ

給湯器の交換は、家庭の快適さと安全性に直結する大切な作業です。DIYでの交換は初期費用を抑えられるかもしれません。しかし、交換作業には資格が必要になるため安全性の観点から素人ができない範囲は交換業者に依頼するようにしましょう。

交換業者に依頼すると、初期コストは高くなるものの、長期的な安全と保証、そして心の平穏を購入することに他なりません。また、定期的なメンテナンスや適切な使用を通じて、長期的なコスト削減と機器の寿命延長を図ることが可能です。

最終的には、自分のスキル、時間、リスク管理の能力を総合的に評価し、給湯器交換で資格無しでできる範囲の作業を選ぶことを推奨します。安全性と長期的な経済性を考慮した結果、多くの場合、専門家に依頼することが最も賢明な選択といえるでしょう。

ハウスラボホームではあらゆるメーカーの給湯器に対応したプロがお客様の元へお伺いいたします。
給湯器の不具合は交換だけでなく修理で済む可能性もあるため一度ご相談ください。

自分では解決できない…そんな時は
水道局指定店ハウスラボホームが
無料点検いたします
相談・出張・お見積り<完全無料>

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
ハウスラボ ホーム
最短20分駆けつけですっきり解決!
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ