TOP > 蛇口の修理サービス > 蛇口お役立ちコラム > 【場所別】蛇口交換の料金相場 交換費用を抑えるにはどうする?
【場所別】蛇口交換の料金相場 交換費用を抑えるにはどうする?:イメージ

【場所別】蛇口交換の料金相場 交換費用を抑えるにはどうする?

更新日:2022/12/19
お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
蛇口の不具合が起きてしまった際に、交換するとなるとどの程度の費用がかかってしまうのでしょうか?蛇口の交換を検討している方に向けて、おおよその費用相場をキッチンや洗面所などの場所別に説明しています。

また依頼する業者選びのポイントについても触れています。
目次 [非表示]

場所別!蛇口交換の費用相場はどれくらい

蛇口が劣化してきて交換をしたいと考えている方もいらっしゃいますよね。その際に一番気になるのは蛇口交換に掛かる費用なのではないでしょうか。そこで、キッチンやお風呂、洗濯機などの場所別に蛇口交換に掛かるおおよその費用についてお伝えしていきます。

キッチン蛇口の交換費用

蛇口の交換費用は、新しい蛇口の本体代と、蛇口の取り外しや取り付けを行う工事費が主な内訳となります。工事費はおおよそ10,000円〜15,000円前後であることが多いですが、蛇口の種類により費用は大きく異なってきます。

後に紹介する単水栓という水のみが出るタイプの水栓であれば本体代は10,000円〜30,000円程度であることが多いですが、こちらのタイプは学校などで使用されることが多く、一般家庭のキッチンで使われることは少ないです。

キッチンの蛇口では、混合水栓という水とお湯が両方出るタイプの水栓がよく使用されます。混合水栓の中でも、シングルレバー混合水栓というタイプの蛇口が使用されることが多いです。

シングルレバー混合水栓とは、一つの蛇口に、レバー型のハンドルが一つ付いているタイプの水栓のことです。一つのレバーを左右に動かすことで水とお湯を調整でき、水量もレバーを上下に動かすことで調整できます。

こちらの水栓の本体代はおおよそ20,000円〜40,000円程度であるものが多いです。洗面所の水栓交換の場合は、基本的に今使用されている水栓と同じタイプのものと交換します。そのため、今使用している水栓の種類を確認すれば、おおよその費用が分かります。

以上のように、キッチンの蛇口の交換は工事費と合わせ、30,000円〜55,000円程度であることが多いです。交換する蛇口の種類により価格が変わるのと、依頼する業者により工事費の他に出張料金や早朝・夜間料金、見積料金などが加算される場合があります。

お風呂蛇口の交換費用

お風呂場の蛇口では、サーモスタット混合水栓が使用されることが多いです。サーモスタット混合水栓とは、横長のハンドルの左右に回転式のハンドルがついており、真ん中に蛇口がついているタイプの水栓です。

片側で水温を調整し、もう片側で水量を調整します。サーモスタット機能とは、お湯の温度を保つことに特化した機能です。サーモスタット混合栓は温度が安定し易く、水圧や水量が変化しても温度が変化しづらいのが特徴です。そのため、水とお湯を定期的に使い分ける洗面所やキッチンより、温度を変化させることが少ない、お風呂場での使用に適しています。

このように、サーモスタット混合水栓は高性能なものが多いですが、交換するタイミングや、交換する際の費用はどのくらいなのでしょう。

一般的に、サーモスタット混合水栓の寿命は10年から20年程度といわれています。そのため、10年以上使用しているサーモスタット混合水栓に不具合があらわれた場合は交換を検討してもよいかもしれません。

また、寿命が近くない場合は修理で直る可能性もあります。こちらの水栓でよくある故障原因は、サーモスタット機能の不具合です。そのため、温度調整が上手くいかないなどの不具合は部品の交換などの修理で直ることがあります。

また実際に交換するとなった場合の費用は、交換する蛇口の種類や、作業内容により変動します。
サーモスタット混合水栓は作りが複雑で高性能なため、本体代として安くても15,000円は掛かることが多いです。高いものですと40,000円以上するものもあり、それに加えて作業代が5,000円以上掛かることも多いです。

また、出張料金や早朝・夜間料金、見積料金などを別途で請求される場合もあるため、正確な料金は検討している業者にて確認しておくと安心です。

洗濯機蛇口の交換費用

洗濯機の蛇口には、単水栓が使用されることが多いです。単水栓とは、ハンドルと蛇口が一つずつついた最もシンプルな水栓で、水かお湯どちらかのみが出ます。そのため、水とお湯どちらも使用することが多いキッチンや洗面台、お風呂場などではほとんど使用されません。

単水栓は構造がシンプルなため、費用も高くなく、おおよそ10,000円〜30,000円ほどで購入することが可能です。デザインなどにこだわらなければ、もっと安く購入できる場合もあります。

それに加えて技術料の費用はおおよそ6,000円からとなっています。また業者により、出張料金や早朝・夜間料金、見積料金などが発生する場合もあります。

洗面台蛇口の交換費用

家庭の洗面台では、キッチン同様にシングルレバー混合水栓という水とお湯が両方出るタイプの水栓がよく使用されます。

キッチン蛇口の交換費用を説明したところでもお伝えしましたが、蛇口本体はおおよそ20,000円〜40,000円ほどであるものが多いため、工事費と合わせ、30,000円〜55,000円となることが多いです。

交換する蛇口の種類により価格が変わるため、自身が今使用している蛇口の種類を調べてみてください。基本的に同じ種類の蛇口と交換することが多いため、より正確な費用が分かると思います。

また、依頼する業者により工事費の他に出張料金や早朝・夜間料金、見積料金などが加算される場合があります。

蛇口交換の前に確認したいポイント

実際に蛇口交換を依頼する前に確認しておきたいポイントがいくつかあります。

蛇口の耐久年数について

またどのくらい蛇口を使用しているかについても確認が必要です。蛇口の耐久年数は一般に10~15年であることが多く、長年使用していると経年劣化などにより不具合が起こりやすくなります。

そのため、10年以上使用している蛇口に不具合があらわれた場合は、修理ではなく交換することをおすすめします。今回修理で部品を交換し、一時的に不具合が直ったとしても、またすぐに他の不具合が起こる場合が多いためです。

蛇口が破損していないか

また蛇口が破損している場合も、部品交換や修理で直すことは難しく、本体交換になることが多いです。水漏れはないが、蛇口本体がグラグラして安定しない場合など、経年劣化により錆びたり腐食したりしていることが考えられます。また、壁についている蛇口がグラグラと安定しない場合は、壁の中の配管自体に寿命がきている場合もあります。

一部の部品の不具合の場合は、その部分の修理、または部分的な交換などで直る場合もありますが、不具合を起こしている場所が複数箇所にわたる場合は、交換をしてしまった方が安い場合もあります。

また内側から錆びているなどの不具合の場合は、経年劣化によりまたすぐに他の場所の不具合が起きてしまう可能性があるため、交換することも検討してもよいでしょう。

ゴミなどが詰まっていないか

蛇口にゴミなどが詰まっていないかも確認する必要があります。水の勢いが弱かったり、さまざまな方向に水が飛び散ったりする場合は、ストレーナーの網にゴミ詰まっていることが原因の場合があります。ストレーナーは、吐水口の先端キャップの中にあります。

そのため、一度ストレーナーの網を確認してみて、ゴミや汚れが溜まっている場合は掃除してください。それにより水の流れがよくなることがあります。

ストレーナーのゴミを取り除いても水の流れが改善されない場合は、水栓や給湯器本体の不具合の可能性がありますので、専門業者に相談するとよいでしょう。

蛇口交換の主な破損場所と交換方法について

蛇口に不具合があらわれた場合に破損していることが多いのは、パッキンやカートリッジです。不具合の場所や状態により、部品の交換のみで済む場合と、水栓本体の交換となる場合があります。

パッキンの交換のみで済むケース

キッチンの水栓の修理では、パッキンの交換のみで済むケースも多いです。その場合は、パッキンの部品代が安価なため、修理代も安く済むことが多いです。

パッキンの費用が安いため、おおよその費用は、工事を行う技術料と出張料となります。技術料はおおよそ1,000円程度、出張料はおおよそ3,000~5,000円程度であることが多いです。

また、交換箇所がいくつかある場合はその分費用が高くなります。上に記した値段でわかるように、技術料よりも出張料の方が高いことが多いです。そのため、不具合がいくつかある場合は、まとめて直してもらうとお得でしょう。

カートリッジの交換が必要なケース

台所の蛇口には、浄水機能がついているカートリッジ式の蛇口を使用していることが多いです。一部では簡単に交換できるカートリッジもありますが、古かったり安かったりする型の場合は、カートリッジは簡単に交換することができません。

また、仮にカートリッジを交換できたとしても、カートリッジが経年劣化により不具合を起こしている場合は、同時に断熱キャップも破損していることが多いです。そのためカートリッジのように簡単に交換することのできない部品の不具合が起きた場合は、水栓本体の寿命であることが多く、本体交換になることが多いです。

水栓の交換が必要なケース

パッキンを交換してもよくならない場合は、水栓自体の交換をする必要があります。また水栓の寿命はおおよそ10年~15年といわれており、それ以上使用している場合は、経年劣化により水栓自体の交換が必要になることが多いです。

水栓の交換の際にかかるおおよその費用は、水栓本体の値段に加え、取り付けや取り外しの工賃費用が加算されます。おおよその相場は、水栓本体が20,000円ほどで、取り付けの工賃費用は7,000円〜15,000円ほどです。

また、水栓の種類は豊富なため、種類により価格も異なってきます。シンプルな作りで安価なものであれば10,000円程度、反対に高性能のものや最新のものであれば50,000円以上する場合もあります。そのため、水栓の交換に掛かる費用は、安くて30,000円程度、高いものであれば70,000円以上掛かることがあります。

蛇口交換を安く抑える方法とは

このように、本体交換となると、そこそこお値段が掛かってしまいますよね。そのため少しでも蛇口交換の費用を安く抑えたいという方もいらっしゃると思います。その場合は、ホームセンターで故障箇所の部品を購入し、自身で交換することをおすすめします。

蛇口交換を自分で行う際の注意点

ですが、ホームセンターで蛇口交換に必要な部品を購入するだけでは蛇口交換はできません。蛇口の取り付けや取り外しも自分自身で行わなければならないため、その際に必要となる工具も自分自身で用意する必要があります。

蛇口の種類を知っておく

また、蛇口の種類は想像以上にたくさんあるため、自身が使用している蛇口に適切な部品を購入し、交換する必要があります。そのため、自身が使用している蛇口の種類も把握しなければなりません。

蛇口内でどこが破損しているか確認する必要がある

また、蛇口の中のどこが破損しているかを確認する必要があります。先ほども述べたように、破損箇所により修理方法が異なります。そのため、自分で直す場合は蛇口内でどこが破損しているかも、自身で確認する必要があります。

タッチレス水栓の場合は電源増築が必須

タッチレス水栓とは、センサーに手をかざすことで、自動で水を出してくれる水栓のことです。キッチンでは料理中に手が汚れることが多く、その手で蛇口を触りたくないと思ったことのある方も多いのではないでしょうか。

そのような時に便利なのが、こちらのタッチレス水栓です。もし水栓を交換する際に、タッチレス水栓に交換したい場合は、電源配線・増築などの工事が必要になります。

蛇口交換における業者選びのポイントとは

ここまで蛇口の種類別に交換にかかるおおよその費用を紹介してきました。そこで、実際に交換するとなった場合に依頼する業者選びのポイントについてもお伝えしていきます。

蛇口交換の業者はたくさんあり、数は少ないですが悪質な業者が存在するのも現実です。特に費用の安さだけで選んでしまうと、後々追加料金を取られ、結果的に費用が高くなってしまったり、作業が雑ですぐに不具合があらわれてしまったりすることがあります。

できる限り費用を抑えたい気持ちはわかりますが、きちんと事前に依頼を検討している業者のホームページや口コミを確認する必要があります。ホームページに載っている作業実績があまりにも少なかったり、口コミが悪かったりする場合は一度検討し直したほうがよいかもしれません。それだけではわからない場合は、事前の電話対応などで応対やサービスを確認することもおすすめです。

また、口コミやサービスがよかった場合でも、事前に必ず説明をしてもらい、見積も出してもらいましょう。後に紹介するハウスラボでは見積もりを無料で出してくれるため、そういった業者を選ぶと安心して依頼することができます。

口コミを確認して不信感はないか

業者選定のポイントとして、口コミを検索して低評価などがないか確認することを記載する。しかし、口コミは実際に利用したユーザーが投稿したかどうか分からないため、必ずしも信頼できるとは限りません。

実名やプロフィール、写真が掲載されている場合はより信頼できる情報であるといえます。あくまでも参考程度にとどめることが重要です。同時にその会社のHPを閲覧するなど行いましょう。

見積もりをとって価格は平均的か

また業者に依頼する前に、必ず見積もりをとるようにしましょう。後に紹介するハウスラボでは見積もりを無料でとることができます。
そして、その見積もりと最初に述べた蛇口交換にかかる費用の相場を比較し、見積もりが高くなく、平均的であるかどうかを確認する必要があります。あまりにも見積もりが高い場合は、しっかりと内訳を聞き、納得できる場合のみ依頼するようにしましょう。

しかし、安い業者がかならずしも良い業者とは限らないため注意が必要です。見積もりは安いけれど、後々追加料金を取られたり、実際に金額も安いけれど作業が雑でまたすぐに不具合が起きたりする業者も少なからずあります。そのため、「格安」をあまりにも前面に押し出している業者にも注意が必要といえます。

ハウスラボがおすすめの理由

そして、その際の業者選びもしっかりと行う必要があります。蛇口の交換を行う業者はかなりたくさんあり、数少ないですがその中にはあまり知識がないスタッフによる施工を行うような悪質な業者もあります。そのため、業者選びの際は信頼できる業者を選ぶため、ホームページや口コミなどで事前にしっかりとリサーチをしましょう。

また事前の電話対応などで、応対やサービスを確認しておくとより安心です。手間と感じるかもしれませんが、ここで手を抜いてしまうと後に後悔してしまう可能性があるため注意が必要です。しっかりと信頼できる業者を選び、安心して給湯器の交換を行ってもらいましょう。

ハウスラボは24時間対応であり、駆けつけ最短20分、修理交換最短50分と、とても対応が迅速であり、口コミにも「対応が早い」というコメントが多数見受けられます。また、キャンセル料金や見積料が掛からない上に、「説明やサービスが丁寧」と担当に関する高い口コミも多いため、安心して依頼することができます。

料金設定も大変わかりやすく、トイレやキッチン、お風呂場など場所を問わず、料金は一律6,600円+部品代となっています。さらに依頼時にホームページを見たと伝えると、3,000円引きになるため、とても安価な価格設定です。出張費用や、深夜や早朝の割増料金、キャンセル料金なども全て無料となっています。

その上に見積もりも無料でできるため、事前に見積をし、納得した上で依頼をすることができます。見積もりに納得できなかった場合は一切費用は発生しません。大手企業であるため一定以上のサービスや対応が保証されている上に、対応が早く費用も安いため、蛇口の交換を検討している方にはとてもおすすめです。

マンションの蛇口に不具合が起きた場合はまずは管理会社や大家さんに相談しましょう。その上でご自身で対処する場合は、使用している水栓の種類や、不具合の原因をある程度特定しましょう。

また、蛇口の交換は自身で行うことも可能ですが、交換作業を効率的に、かつ安心して蛇口を使用したい方は業者への依頼をおすすめします。その際は悪質な業者に依頼しないよう、きちんと事前にホームページや口コミでリサーチし、さらに事前の電話対応などで応対やサービスを確認しておくと安心でしょう。

そして、どこに依頼する場合も見積をきちんと出してもらい、納得した上で交換作業をお願いしましょう。ハウスラボでは見積料金は無料のため、まずは見積もりだけ行い他社と比較するのもよいかもしれません。

この記事をシェアする
お気軽にお電話ください
最短20分駆けつけですっきり解決!
どんなトラブルも24時間年中無休でご相談いただけます
フリーダイヤル フリーダイヤル
フリーダイヤルフリーダイヤル
タップすると発信できます
どこでもお伺いします!
  • 北海道
  • 宮城県
  • 山形県
  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 長野県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 島根県
  • 山口県
  • 愛媛県
  • 香川県
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 鹿児島県
ページ上部へ